“梅雨”は、なぜ「つゆ」と読むの!?“梅雨”と“梅”との関係は…!?

スポンサードリンク
 





6月といえば…

日本では、梅雨の時期!

ジメジメして、洗濯物は乾かないし…

何をするにも億劫に感じてしまう

主婦にとって、本当に嫌な季節!?

でも、どうして

梅雨(つゆ)は、「うめのあめ」と書くの!?

読み方も、「ばいう」ではなく…

なぜ、「つゆ」!?

「うめ」とどんな関係があるの?

意外と知らない「梅雨(つゆ)」の

謎について、一緒に見てみましょう!!

「梅雨(ばいう)」はどこから来たの!?驚きの語源と成り立ちとは!?

「梅雨(ばいう)」は、中国で生まれた言葉

雨の降る季節

→湿度が高くカビの生えやすい季節

中国では「黴(かび)」という漢字を使って

「黴雨(バイウ)」と呼んでいたと

言われています!

確かに、雨が続く事で湿度が高くなり

気温もカビが生えやすい季節ですよね!

また、「黴(かび)」では、語感がよくない!

昔の人が、使わなくなったのも

分かる気がします(笑)

日本に伝わった後には諸説ありますが

大きく分けるとこの2つになります。

①梅(うめ)の実が熟する頃に降る雨として

同じ読みで「梅(バイ)」の字を使い

「梅雨(ばいう)」に変わったという説

②梅の実が熟して潰れる(つぶれる)を意味する

「潰える(つゆえる)」事から

「梅雨(つゆ)」になったという説

日本に伝わった「梅雨(ばいう)」は

江戸時代頃には「つゆ」という言い方が

広まっていったようです。

どれも…

「なるほど!」と思う話ですよね?

こうして由来を知ると

ジメジメした梅雨も感慨深く感じられます!

「梅雨(つゆ)」はどうして長雨が続くのか?

日本では、北海道と小笠原諸島以外の地域で

5月頃から7月中旬頃にかけて

地域によって時期はずれますが

梅雨の期間は1か月ぐらい続きます!

日本で「梅雨(つゆ)」と呼ばれる時期は

梅雨前線が、列島の上空に停滞しているから!

なぜ?梅雨前線が停滞すると雨が続くのか?

小学校の理科で習いましたね!

そもそも、前線とは…

冷たい空気の塊と、暖かい空気の塊がぶつかる場所のこと!

温度の違う空気の境目が、「前線」です

この前線付近は、雲が多く天気はよくありません!

6月から7月に

北から流れてくる

冷たい空気(オホーツク海気団)と

小笠原諸島から流れてくる

暖かい空気(小笠原気団)。

この温度の違う2つの気団が

同じぐらいの強さでぶつかってできたのが

「梅雨(ばいう)前線」です!

列島の上に

この「梅雨(ばいう)前線」が停滞する事で

長い雨が続く

「梅雨(つゆ)」になっているんです!

「梅雨(つゆ)」は

比較的穏やかな雨が多く

期間が長いのが特徴です!

時々、集中豪雨や大雨になる事があります!

また、暑い夏に向けて

私達の生活に必要な水の供給源。

長過ぎると、日照不足になり

農作物の成長に影響しますが

雨が少ない「空梅雨(からつゆ)」でも

水不足が原因で農作物の成長や収穫量にも

ダメージを与えてしまうんです!

私達の食卓に並ぶ野菜の値段が

急に高くなったりするのも

日照不足や水不足による

収穫量と出荷量が原因!

ジメジメして、嫌な季節ではありますが

梅雨の大切さも実感しますね!

そんな梅雨の季節を

有意義に使うにはどうしたらいいのか?

おススメをご紹介したいと思います!

年末の大掃除だけで満足してる?梅雨ならではの効率重視の掃除法!!

年末大掃除 お疲れ様でした!

あれから6か月が過ぎ…

そろそろ我が家では、大掃除(第2弾)!

「梅雨」こそ、掃除のベストタイミング!

慌ただしい年末に、手が回らなかった所。

カビや埃が気になる所をピカピカにしませんか?

「梅雨」の時期は

雨でお出かけも控えめになり

家で過ごす時間も多くなりますよね?

時間はたっぷりあります!

気になる所を、スッキリしましょう!

「梅雨」に、おススメの掃除をご紹介します!!

1.シューズクローゼット

「梅雨」のジメジメした湿気と雨で

濡れた傘や靴など

シューズクローゼットは危険がいっぱい!

お気に入りのブーツや革靴に

カビが生えてしまった!!

なんて経験ありませんか?

そんな事にならないためにも

「梅雨(つゆ)」こそ掃除のビックチャンス!

冬場は、乾燥していて

土埃や埃が舞ってしまいますが

梅雨の時期は、湿度があるので

掃除がしやすくなるんです!

①シューズクローゼットの中の靴を全部出し

ほうきや掃除機で

しっかり埃やごみを吸い取ります!

(※この時、換気も忘れずに!!)

②棚板をしっかり雑巾で水拭きし

棚の泥汚れも綺麗に落とします!

③靴のお手入れをしながら

シューズクローゼットに戻しましょう!

これで、お気に入りの靴も

来シーズンに向けて大切に保管できますよね?!

まさに!!一石二鳥♪

2.ウォークインクローゼット

我が家では夏に向けて、衣替えの時期?!

洋服の入れ替えで、

タンスの中も空っぽにします!

気付かないけど

意外に埃やゴミが溜まっているんです!

衣類を出したついでに

タンスの中も換気と掃除をすることで

カビ予防につながります!

タンスの隙間やハンガーラックの奥の壁

見落としがちな所を重点的に!

湿気があるので

埃が飛散することもなく

冬場よりも掃除が楽にできるんです!

その後、軽く乾拭きして

しっかり換気するだけで十分に綺麗になるんです!

衣替えと同時に

不要な衣類は分別して処分してしまいます!

とにかく、簡単に!手軽に済ませたい!

主婦は365日休みがありませんから…

時間はあっても、作業効率は高く!

3.お風呂

さて!最後の砦は「お風呂」

梅雨の湿気で、一気にカビが繁殖します!

年末と梅雨の2回の掃除で

快適で衛生的なお風呂にしたいですよね?!

我が家では毎日風呂上りに

浴槽・鏡・壁・床の掃除を済ませますが

天井と排水口は、この時期にしっかり掃除します!

<天井>

準備するもの

  • フローリング用ワイパー
  • キッチンペーパー
  • スプレーボトル
  • 台所用漂白剤

天井は、フローリング用ワイパーに

キッチンペーパーを取り付け

水で薄めた台所用漂白剤を吹き付け

天井を拭き取ります!

これだけで、カビを撃退できるんです!

埃と除菌にもつながる掃除法です!

これだけなら、普段も簡単にできますよね?

<排水口>

準備するもの

  • ゴム手袋
  • 歯ブラシ
  • 風呂用洗剤
  • 重層・・・・・100g
  • クエン酸・・・小さじ1/2
  • 水・・・・・・100ml

掃除が面倒なのは…排水口のヌメリ!

定期的に掃除していても

やはりなかなか取れません!

梅雨は、湿度と気温により

臭いが発生することもあるので

ぜひおすすめします!

目に見える髪の毛などのゴミは

ゴム手袋をして取り除く!

排水口の部品を取り外し

洗剤と歯ブラシでこすり洗いして

水ですすぎ部品を元通りに取り付けます!

(この時、排水口内部もしっかり洗う)

水とクエン酸をまぜて、クエン酸水を作る!

排水口に重層をふり

クエン酸水を流しいれます!

泡が出てくるので

そのまま30分ほど放置します!

その後、水でしっかり流す!

ね!簡単でしょう♪

まとめ

梅雨の語源などについて

ちょっとした豆知識に

いかがでしたでしょうか?

梅雨といえば

毎日、雨が続き気分が沈みがちですが

意外とおすすめなのが、掃除!

湿度があるため埃が舞い散らないので

掃除がしやすいですよ。

カビ予防の効果も抜群!

簡単効率重視の梅雨掃除法で

「梅雨」は趣味やリラックスなどの

楽しい時間を過ごして下さいね!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする