お中元どうしてる?あなたは…両親に贈る派?贈らない派?

スポンサードリンク
 





“お中元”

我が家は、結婚当初から贈る派!

本音を言えば

贈らなきゃいけない物ということで

ここだけの話、半強制的なイメージ(笑)

毎回、何にしようか?

と頭を悩ませているのも事実!

結婚当初から贈っているので

途中でやめるにやめられない状態!

結婚当初は、両実家共に遠方で

お中元を贈る事が

ご挨拶代りになっていたんです。

現在は、義理の実家は

目と鼻の先に住むご近所。

それでも贈るべき?

と疑問に感じてしまっています。

義理・実家に限らず

両親にお中元を贈る派?

贈らない派?は

人それぞれです。

やっぱり同居している両親にも“お中元”は贈った方がいい?

最近では、仕事上のお中元のやりとりは

減少傾向にあります。

実は、両親へのお中元

一番多いんです!

ただ、同居の場合…

「同じ家族だから贈らなくて良い」

と両親から言われない限り

ほとんどの人が贈っています。

世帯が違えば

同居・近居・別居に限らず

お中元は贈っておいたほうが

無難という事です!

特に、嫁の立場からしてみれば…

何かと旦那の両親には

気を使うものです!

「いらない」と言われても

贈っておいたほうが

“気が利く嫁”と思ってもらえます♪

また、自分の実家に対しても…

贈らないと

旦那の評価が下がる可能性があるので

金銭的にやむを得ない事情がない限り

贈る事をおススメします!

どうしても、贈れない事情がある時は

せめてお歳暮だけでも

贈るようにしたほうがよいでしょう!

贈った方が良い!と分かれば

せっかくなら喜ばれる物を贈りたい!

と思いますよね。

では、どんなものが

お中元として喜ばれる物なのか?

我が家の失敗談をまじえて

ご紹介します!

喜ばれるお中元はどんな物?旦那の実家に贈ったものが…!?

結婚して初めての

お中元を贈った時のことです。

週末に、主人とお中元選びにでかけました!

  • お酒好きの義父
  • 甘いものが好きな義母

どちらの好みを優先するか?

相談して迷った挙句

当時住んでいた

地域の地酒を贈ったんです!

一般的に、3000円がお中元の相場ですが…

初めてという事もあり

5000円に奮発しました!(笑)

宅配で贈った事もあり

翌日には義母から

「わざわざ、ありがとう!」

とお礼の電話を頂きました!

「よかった!喜んでもらえた!」

と私もホッとしました。

事件は後日、義実家に行った時に起きました!

義母に言われた一言!!

「お義父さんばかり好きな物もらって

毎日お酒呑み過ぎちゃって心配だから

これ持って行って!」

と渡されたのは…

見覚えのある地酒!!

もちろん義母に悪気がないのは

すぐに分かりました。

私達の他にも

お中元で頂いたお酒がいくつかあり

その中から適当なものを

渡してくれたんですが…

よりによって…私達が贈ったお中元(泣)

返す言葉もなく

頂いて帰ってきました。

初めてのお中元で

この出来事は衝撃的過ぎました!

お中元を沢山頂くお宅では

時々ある出来事かもしれませんが

誰から何を頂いたのか?

把握しておくのは大事ですね!

それ以来、我が家では…

お酒を選ぶ事はなくなりました!

義実家へのお中元は

普段よく使う物や

義両親がどちらも食べる物を

選ぶようにしました!

主に、「乾麺のうどん」や

「真空保存のおかず」など…

それ以降、贈ったものが

手元に戻ってくることはなくなりました(笑)

親しい両親に贈るからこそ!失敗しないお中元の選び方

我が家のような失敗をしない為に

親しいからこそ両親に喜ばれる

お中元の品を選ぶポイントをご紹介します!

①両親の片方だけの好みに合わせすぎない

両親片方の好みにだけ合わせると

喜びが半減する可能性がある!

両親のどちらにとっても

あって困らないものを贈るほうが

喜ばれます。

②好きな物はかぶりやすい

とくに好きな物は

他の人からももらっている可能性が高い!

好きな物よりも

あって困らないものを選ぶほうが

差別化できます。

③家族構成やライフスタイルで適量を選ぶ

家族の人数や、来客が多い少ないなど

両親のライフスタイルを考慮して

適量を選んでください。

④料理するのが好きか?どうか?

料理が好きかどうかによって

贈る物を選ぶのもいいです。

料理好きな人は

調味料や食物油、果物などの素材を選ぶ!

それ以外の場合は

レトルト食品や加工食品なども喜ばれます!

このような事に気を付けて

最適な贈り物を選んでみて下さい♪

意外と知らない?“お中元”・“お歳暮”の違いとマナー

<お中元>

7月初旬~8月中旬

日ごろお世話になっている人や目上の人に

「半年間」の感謝の気持ちを込めて贈る物

予算:3000~5000円程度

<お歳暮>

12月初旬~12月中旬

お中元同様、感謝の気持ちを込めて贈る物

1年の最後を締めくくるご挨拶の贈り物

予算:3000~5000円程度

お中元とお歳暮は

セットで贈るのが一般的と言われています。

お中元とお歳暮の

どちらか片方だけ贈るのであれば

1年の感謝を込めて

お歳暮だけにするとよいでしょう!

その場合、お歳暮のほうが

若干予算も高めにする傾向があるようです。

まとめ

お中元は

感謝の気持ちを込めて贈る物です!

同居や別居に限らず

贈れるのであれば

贈った方がよいでしょう!

喜ばれる物は

好きよりあって困らない物を適量

料理が好きかどうか?

も重要なポイントです!

ぜひ参考にしてみてください!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする