日焼けは冷やすのが正解!?トラブル後の対処法と事前対策の決定版!

スポンサードリンク
 





GWは、野外へのお出かけやアウトドアで

BBQの予定がある人も多いでしょう!

あたたかくなるこの季節

うっかり日焼け

に気を付けたいですよね?!

  • 肌がヒリヒリ痛んで赤くなってしまった
  • 日焼け後、皮がむけて肌がかゆい
  • 日焼けの痕、シミやシワが増えた!?

なんて事がないように

賢く紫外線対策をして

元気ハツラツなママでいられるように!

とっておきの、方法をご紹介します♪

痛いほどの日焼けの正しい対処法は…?冷やすのが正解!?

痛くなるほど真っ赤に日焼けしてしまった時

どのようにケアすればよいでしょう?

日焼けで赤くなるのは

肌が「やけど」しているから!

たかが日焼けと思わず

顔も身体も同様に“冷やす”のが大切です!

火や熱湯でやけどした時は

チリチリとした痛みを伴い

水膨れになりますよね?

日焼けも、程度によりますが

ヒリヒリと痛みがあるのは

軽いやけど状態だから!

では、正しい日焼け後のケアは…?!

①冷やす

痛みがおさまるまで、水で冷やす!

シャワーは、水圧で肌を刺激するので

水風呂がおススメですが

身体を冷やしすぎないように

短時間で済ませます!

その後、日焼けした肌に濡れタオルを巻きます!

痛みが引かない箇所は

保冷剤をくるんだタオルや氷水を

袋に入れて冷やすとよいでしょう!!

冷却シートは、手軽に貼る事ができますが

日焼けした肌は敏感になっているので

使わないほうが良いでしょう。

冷やしても、痛みが引かない場合や

水ぶくれができてしまった時は

ガマンせずに

すぐに皮膚科を受診して下さい!

②日焼け止めを落とす

痛みが治まったら

日焼け止めを落とす!

クレンジングがしみるような時は

敏感肌用の洗顔料やボディソープで

肌を刺激しないよう

優しく行うのがポイントです!

洗い流す時も、ぬるま湯を使いましょう!

③肌の保湿

日焼けした肌は

乾燥し水分が不足しています!

化粧水で保湿してもよいですが

化粧水がしみる時は

保湿クリームやワセリンなどの

軟膏を塗って、肌を保湿して保護します!

④水分補給

日焼け後は、赤くなった箇所だけでなく

全身の肌も乾燥気味になっています!

いつもより沢山水を飲んで

身体の中から水分補給しましょう!

日焼け後ケアしたけど、皮むけとかゆみがでてしまったら…?

日焼け後、冷やしてケアしたけど

やっぱり皮がむけて

かゆみがでてきてしまったら…

ポロポロと皮がむけ始めると

見た目も気になるし、かゆみも伴うと

ついつい掻いてしまったり

むいてしまいたくなりますよね?

でも、絶対に掻いたりむいちゃダメ!!

むけ始めの肌は

まだ弱く無理に剥くと

シミの原因になるんです!

かゆみが我慢できないときは

濡れタオルや氷水で冷やすと

かゆみが落ち着きます。

また、ポロポロ皮むけの肌は

乳液やボディクリームをたっぷりつけて

保湿して肌を保護してあげると

目立たなくなります!

日焼けしてしまった時は

冷やして保湿してケアしてあげましょう!

そして、今年こそ!

日焼け防止対策を万全にするために

これからできる事をご紹介します!

“紫外線”年間のピークはいつ?5月or8月?どちらがホント?

1年の中で、

一番紫外線に注意したい月は 5月

「えっ?それってホント??」

と思うでしょう!?

ここ最近では

5月でも真夏のように

暑い日が増えていますよね?!

だからこそ!紫外線対策は

5月から必要なんです!

おまけに冬の間の乾燥で

肌は思いの外弱っているから

夏本番に向けて

しっかりガードする事が大切なんです!

紫外線の事をしっかり理解して

季節にあった紫外線対策をしていきましょう!

季節に合わせて適切な紫外線対策をしよう!UVAとUVBとは…?

紫外線にも

いくつか種類があるってご存知ですか?

1年を通して降り注ぐ紫外線ですが

もっとも効果的な

紫外線対策を知ることが大切です!

季節に合わせた

適切な紫外線対策をご紹介します!

春の紫外線 U-VA

5月に多いと言われているUV-A

この紫外線は

雨の日でも曇の日でも

家のガラスを突き抜けて

降り注いでいます!

量も多く、じわりじわりと

肌を攻撃する怖い紫外線なんです!

コラーゲンを破壊し

シワやたるみ・老化の原因になる紫外線です!

<UV-A対策>

PAの高い日焼け止めクリーム

PA=UV-Aを防止する効果を表す目安

夏の紫外線 UV-B

7~8月に多い言われるUV-B

肌が赤くなり、やけどのようなトラブルや

目にも影響を与えるなど

短時間でダメージを与える紫外線!

メラニン色素を増加させて

シミやそばかすの原因になる!

<UV-B対策>

SPFの高い日焼け止めクリーム

※SPF=UV-Bを防止する効果を表す目安

その他にも、種類の違う紫外線はありますが

紫外線の種類に応じて

もっとも効果のある日焼け止めをしましょう!

予防が一番!紫外線対策!カラダの内側からお肌を守る食べ物は…?

今まで、カラダの外側の

ケア方法をご紹介してきました!

最後は、カラダの内側から

紫外線対策をしてみましょう。

紫外線対策に効果があると言われる

食べ物をご紹介します!

①トマトやスイカ等(赤)

リコピンには、太陽から身を守る効果ある

②サツマイモやニンジン(紫や黄色)

βカロチンは日焼け対策に効果的

③ブロッコリー、葉物(緑)

日焼け防止と肌を修復する作用がある

④鮭・ニシン・鯖・マス・鰯(冷水魚)

日光から肌を守る効果のある

オメガ3脂肪酸が多く含まれている!

⑤ザクロ

日光に対して肌を強くする効果がある

⑥お茶

紫外線から肌を守る効果がある

⑦チョコレート

日焼けに対する体制を強める効果がある

⑧アーモンド

紫外線のダメージから皮膚を守る

まとめ

これからの季節は日焼けに要注意!

赤くなったり、かゆみ、皮がむけるなど

お肌のトラブルはとっても悩みの種。

対処方法も大事ですが

事前に予防することもできるので

上手に対策していきましょう。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする