バーベキュー10倍楽しくなる!絶対に失敗しないおすすめ肉料理!

スポンサードリンク
 





もうすぐGWがやってきます!

今年は、なんと10連休

旅行やレジャーのお出かけもいいですが…

やっぱり定番の「バーベキュー!」

  • 準備が面倒?
  • レシピがワンパターン?
  • せっかくの高級肉が焦げる?

そんな声もききますが…

ちょっとしたコツで

簡単に誰でも失敗なく美味しくできちゃうんです!

我が家で人気の

バーベキューメニューをご紹介します♪

バーベキューを楽しむなら!自宅での食材準備がポイント

バーベキューをする時

自宅の庭もしくは屋外のレンタル施設を

利用する事が多いでしょう!

どちらを使っても

火起こしや食材の下準備に

時間がかかるものですよね?

中には、途中で食材を調達して

という場合もありますね!

バーベキューを楽しむなら

前日もしくは出かける前に

食材の下ごしらえは

済ませてしまうのが大切です!

初心者でも簡単にできる

メニューと準備をご紹介します!

<メニュー>

  • 野菜スティック
  • 塩トマト
  • ホットサンドフランスパン
  • ステーキ肉(リブやサーロイン)
  • スペアリブ
  • ウィンナー&ソーセージ・薄めの肉
  • ホイル焼き
  • 焼きそば
  • 焼きリンゴ

<準備>

①野菜スティック

大根・にんじん・セロリ・きゅうりetc

お好みの野菜をスティック状に切り

保存袋に入れる!

※塩やめんつゆで漬物にしてもOK!

②塩トマト

ミニトマトやトマトを一口サイズに切り

保存袋に入れ塩を振る

③ホットサンドフランスパン

フランスパンに5cm幅に切り込みを入れる

斬った側面に粒マスタード、チーズ

ハムやベーコンを挟む(お好みで)

アルミホイルを2,3枚重ねて大きく包む

④ステーキ肉

  • ニンニク1片
  • オリーブオイル(肉1枚につき大さじ1)
  • ステーキ肉

を保存袋に入れる

⑤スペアリブ

大きな鍋にたっぷりのお湯を沸かし

スペアリブを入れ10分下茹でする

(大きさで若干茹で時間が変わります。)

  • はちみつ
  • ケチャップ
  • 醤油
  • りんごジュース 各大さじ3

を保存袋に、下茹でしたスペアリブと一緒に入れる

⑥ウィンナー&ソーセージ・薄めの肉

そのままでOK

⑦ホイル焼き

玉ねぎ・きのこ類・鶏肉・魚など

食べやすい大きさに切って

塩・こしょう・バターを載せ

2,3枚重ねたアルミホイルで包む

⑧焼きそば

野菜は切って、袋にまとめていれておく

⑨焼きリンゴ

底の部分を残して芯をくり抜き

バターとグラニュー糖を入れ

2重にしたアルミホイルで包む

あとは、現地で順番に焼くだけです♪

我が家で、人気かつ

簡単なメニューばかりを

集めてご紹介しました!

あとは、人数に応じて量を

調節してくださいね!

ちなみに、前菜を準備するのは…

火起こしに集中するためです!

慣れていないとなかなかうまくいかないので

火起こしの間に

簡単につまめるものがあると

場がなごみますよね(笑)

おしゃべりする間もなく

野菜切りも寂しいものです!

事前準備をするだけで

みんなが楽しめる

ゆとりのある時間が過ごせますよ!

バーベキューで失敗しない!美味しくなるステーキ肉の焼き方

バーベキューのメインは、やっぱり“肉”

奮発した高級肉を

美味しく食べたいですよね?

せっかくのステーキが真っ黒!

焼きすぎて硬くなってしまう?

なんて経験ありませんか?!

ステーキ肉を美味しく焼く

失敗知らずのコツをご紹介します!

①常温に戻す

②焼く直前に塩コショウを振る

③鉄板の場合、煙が出るまで温める。

網の場合、中~強火片面1分

裏返して弱火で2分

(肉の厚みによって時間を調整)

※我が家の場合は、下準備で

オリーブオイルとニンニクに

漬け込んであるので

そのまま時間だけ注意して焼くだけです!

④アルミホイルで3分包む

たった、これだけで!

安めのステーキ肉も

高級なステーキ肉も美味しくいただけます♪

ぜひ、試してください!

バーベキューあると楽しい!“スキレット鍋”

ここ最近、我が家ではまっている

バーベキューの1品をご紹介します!

100均やニトリで見かける

スキレット鍋

鋳鉄製の小さなフライパンです!

このスキレット鍋

見かけによらず使い道が豊富で

バーベキューでも驚くような活躍をします!

<スキレット鍋を使った簡単レシピ>

①アヒージョ

[材料]

  • オリーブオイル
  • ニンニク
  • 鷹の爪
  • しめじ
  • エビ

[作り方]

スキレットにオリーブオイル・にんにく

鷹の爪を入れて熱します。

にんにくの香りがしてきたら

しめじとエビを入れ煮立ったら完成!

②カマンベールのベーコン包み

[材料]

  • カマンベールチーズ 1箱
  • ベーコン      4枚
  • ブラックペッパー  適量

[作り方]

カマンベールチーズをベーコンで包み

スキレットに載せて焼く!

焼きあがったら、ブラックペッパーを

お好みでかけて出来上がり!

③ハッセルバッグポテト

[材料]

  • じゃがいも    2個
  • 塩・胡椒     適量
  • オリーブオイル  適量
  • 粉チーズ・バター 適量

[作り方]

じゃがいもは洗って丸ごと1個を

下はつながったままになるようにして

1mmから2mm程度の切れ目を入れる。

(ジャバラ状)

じゃがいもを水にさらして水気をきり

スキレットに乗せて塩コショウをふり

オリーブオイルを回しかける

焼きあがったら、粉チーズとバターを

お好みでかけて出来上がり!

その他にも、フレンチトーストやパンケーキ

ハンバーグや餃子を焼くのもおススメです!

とにかく、使い道はいろいろ!

スキレット鍋1つでバーベキューレシピの幅が

グンと広がります!

使う前に、ちょっとした手間が必要ですが…

使い出したら、やめられないんです!

<使用前の下準備>

①サビ止めのワックスが塗られているので

洗剤をつけたスポンジで洗い

水でよく流し水気を拭き取る!

②火にかけて空焚きし

煙が出るまでしっかり熱し

火を止めてオリーブオイルを鍋全体に塗る!

縁や取っ手にもしっかり塗る!

これを4,5回繰り返す!

<使用後のお手入れ>

①スキレット鍋が完全に冷めたら

洗剤を使わずに水洗いします!

※洗剤は絶対にNGです!

熱いうちに水で洗うのも

ひび割れの原因になるのでNGです!

②水を拭き取り、スキレット鍋を温めなおし

オリーブオイルを塗り冷めたら

新聞紙にくるんで保管します!

まとめ

・バーベキューは、下準備が大切!

・ステーキ肉は、常温に戻し熱い鉄板で短時間で焼く

・スキレット鍋を使うと、バーベキューレシピの幅が広がる

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする