恐怖!クレクママの撃退方法教えます!

スポンサードリンク
 





なんでもかんでも

「クレクレ!」と言ってくるママを

「クレクレママ」と呼びます。

あなたの周りには

クレクレママはいませんか?

今回は、クレクレママに捕まった経験から

どのように撃退したのかをご紹介しましょう。

クレクレママとの出会い!

私はマンションに住んでいます。

子供が同じくらいの年齢の

家庭が多いので、

自然と仲良くなりました。

もちろん助かることも多いのですが

困ることもありました。

そんな時クレクレママに出会いました。

彼女の子供は

私の子どもより一つ小さい男の子でした。

ちなみに私の子どもは、一人っ子です。

彼女は毎回のように

うちの子の持ち物を褒めてくれました。

「いつもおしゃれだね!素敵な服着てるね!」

褒められると嬉しいので、

いつも「ありがとう。」と言っていました。

すると、すかさず

「着なくなったらお下がりでちょうだいね!」

というのです。

家には、下の子もまだいなかったし

捨てるならいいかと思って

譲ったこともたびたびありました。

実際に着ている姿をみると

「使ってくれているんだ。嬉しいな。」

とその時は素直に思っていました。

クレクレママの本性!

そんな時に、別の友達から

クレクレママについてうわさを聞きました。

その内容は、

なんとクレクレママはお下がりで貰った服を

メルカリで売っているとのこと!!

友達がメルカリを

見ていてたまたま見つけたそうです。

「自分があげた服を5枚セットで1,000円で

売られてるのを見つけたんだ。」

と言っていました。

「なんてひどい!」

と思いましたが、友達が、

「もうさ、自分もお下がりで上げたから

なんとも言えないよね。

捨てたと思うことにするよ。」

と言っていました。

以前私の譲った服もメルカリで処分されて

利益にしていたんではないかと

怒りが沸きました。

お下がりと言っても、

できるだけ綺麗な状態できてもらおうと

きれいに洗濯もして

髪の毛などが付かないように

袋に詰めて渡していたので、

結構手間がかかったのに。

それをクレクレママは

お金に変えていたと思うと

とても悲しくなりました。

決心!クレクレママを撃退する!

それからも、クレクレママは

会うたびに

「ちょうだい!」と言ってきました。

その時はいろいろと聞いていたので

とてもそんな気にはなれません。

以前、譲った服も

1回だけ着たのを見ただけで

その後は全く見たことがありませんでした。

さすがにカチンときたので

「ねえ!あの服着てる?

また今度着たところを見てみたいな」

と言ってみました。

すると、

「あぁ、あの服もうサイズ合わなかったんだ。」

というのです。

クレクレママもなかなか強かです!

「これでは、らちが明かないな」と思いました。

それでも、しつこく

「ちょうだい!」と言ってくるので

私は、ついに撃退することを決心!

角が立たずに、何とか断れないかと

考えた末に

「家ね、主人が人に物をあげるの嫌いなんだ。」

「もし何かあったら責任取れるのか?って。」

「だからもうお下がりやめるね。」

と伝えることにしました。

この方法なんでも応用が利くので

かなりおすすめです。

旦那を断る理由

使うのがポイントです。

「旦那が嫌がる。」

「旦那が怒る。」

これを使うと、角が立たずに終われますよ。

もちろんクレクレママも

簡単には引き下がりませんが

何度かのやりとりで

何も言ってくることがなくなりました。

決着!クレクレママとの意外なその後!?

クレクレママは、

それ以外はとても良い人なんです。

幼稚園の役員も立候補でしてくれたり

困っていたら助けてくれるんです。

私も、役員になったときに

クレクレママと

一緒に仕事をしていて色々話しました。

すると、

「お金がないんだよね。

働きたいんだけどさ、旦那が駄目って言うの。

生活費も全然くれなくてさ。」

と話してくれました。

すこし度を超えた部分もあるんじゃないかと思い

一緒に役所に相談に行きました。

いろいろとトラブルもあったようですが

今では、夫婦仲はとってもいいです。

結局旦那さんは、おぼっちゃま育ちで

生活にどれだけかかるのか

分かっていなかったようです。

クレクレママも一言相談してくれれば

もっと早く解決できたんですが

「なんか言ったら悪い気がして・・・。」

と自分からは言えなかったそうです。

役所からの紹介で

カウンセラーの人に入ってもらって

話し合いで改善ができたそうです。

本当に、夫婦って分からないものですね。

それから、クレクレママは、

クレクレ言わなくなりました。

もちろんそれから

「お世話になったから。」

と逆に色々くれるようになりました。

クレルクレルママになっちゃたんです!

このときの経験から

「深く付き合わないと分からない。」

という事でした。

もし、クレクレママが

メルカリ転売をしているのを聞いて

付き合いをやめてたら

こんな結果にならなかったでしょう。

今では、

なんでも言い合える数少ない友達です。

大人になってこんな友達ができるなんて

思ってもいませんでしたので

貴重な体験ができてよかったと思います。

まとめ

クレクレママの撃退法は

「旦那が、嫌がるから。」を使いましょう。

第三者を置くことで

ワンクッションできて

スムーズにことが運びます。

人は深く付き合わないと分かりません。

クレクレママが、

もしかするとあなたの親友に

なるかも知れないことを

ご紹介したかったです。

奇跡的な確率かもしれませんが・・・。

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする