『子育てのイライラ爆発寸前!反抗期真っ盛り中学生どうしたらいい?

スポンサードリンク
 





つい数年前まで、従順だった我が子!

最近、身長も伸びて声変わりも始まり

照れくさいのか?何か聞いても…

「うーん!」「あぁ…」

と、素っ気ない返事が返ってくる

たまに、

「宿題やったの?」

「〇〇しちゃいなさい!」

なんて、言おうものなら…

「分かってるよ!」

「うるせーな…クソババァ」

と、悪態をつく始末!

「親に向かって、クソババァって何だ!

と叱ると…

今度は、面倒くさそうにサッサと

自分の部屋にこもってしまう!

冷静に話をしようとしても

なかなか上手くいかない?!

中学生の男の子は

反抗期のど真ん中のようです。

よく「クソババァ」と言われたら

子育て成功?という話も聞くけれど…

実際に言われたらイライラするし

こんな状態がいつまで続くのか?

と不安になりますよね?

中学生の反抗期とはどんなものなのか?

何が原因で起こるのか?

解決方法は?

私の経験をご紹介します!

中学生の反抗期!!ついやってしまう間違った親の対応!

高校生になった長男は

少し落ち着きつつありますが…

中学生の次男が

反抗期真っ盛りの毎日です!

家の中に、2人も反抗期の子供がいたら…

正直、親としてはイライラもするし

言いたくなくても

言い過ぎてしまう事もありました!

長男の時は、私自身初めての事だったので

戸惑いもあり今考えてみると

やってはいけない事をして

大人しい長男の反抗期を

悪化させてしまった事もあります!

その体験談をお話しします!

我が家の長男…真面目で大人しいタイプ

言われたことは素直にすぐやる子で

あまり手を焼くことはない

親にしてみれば、育てやすい子でした!

長男が中学生になり

部活での上下関係やクラスメイトとの友人関係

小学校とは違う環境の変化に

戸惑いを感じていた時期でした。

身体も、急に背が伸びだして

声変わりも始まり口の周りにも

薄らとヒゲが生えてきました!

ある日、部活から帰ってきて

いつまでもダラダラと

ゲームばかりしている長男に…

「宿題はやったの?ダラダラしてないで!

ヒゲもちゃんと剃りなさい!」

「分かってるよ!うるさいなぁ」

なかなか行動にうつさない長男に

イライラしてしまった私は…

「早くしなさい!」

と、長男のゲームを

無理に取り上げました!

すると、

「何すんだよ!」

と力づくで私からゲームを

奪い取ろうともみ合いになり

すでに力は長男にかなう訳もなく

床に突き飛ばされたんです!

その後、謝る事もなく長男は

カバンを抱えて

自分の部屋にこもってしまいました!

夕飯になって声をかけても

部屋から出てこない!

大人しい長男が

私に掴みかかってきたのにも

動揺してしまったし…

長男の暴力的な行動にも

ビックリしたんです!

その夜は

顔を合わせないまま過ごしました!

その間に、冷静になってみると

私が取った行動と言動は

反省しなくてはと思いました。

翌朝、気まずそうに起きてきた長男。

私は、何事もなかったように…

「おはよう」

とだけ、挨拶しました!

その後は、いつも通り長男を

学校に送り出したんです!

その日以来、私は長男に

クドクドと物を言うのを改め

必要以上にアレコレ聞くのも

控えるようにしました!

相変わらず、長男の反抗期はありましたが

暴力的になったり

激しく感情を高ぶらせることは

なくなりました!

そして、今年高校生になった長男。

時々、反抗的な言葉は出てきますが

話したい時は自分から

学校や友達の事を話すし

私のちょっとした小言にも

上手にかわせる

気持ちの余裕が出てきたようです!

反抗期真っ盛りの上手な子育ての乗り切り方は…?!

長男の反抗期で

私が気付いたやってはいけない事は

4つあります!

  • 力づくに抑圧する
  • 説教・親の考えを押しつける!
  • 学校や友達の事を干渉する
  • 周りと比較する!

思い返せば、私は長男に

この全てをやってしまっていたんです!

中学生になり、自分の意思を表し

自立しようとしていた長男にとって

私の行動は、かなりうざかっただろう

と反省しています!

まだまだ、子供だと思って

長男の成長に気づかなかったんです!

長男が、精一杯の勇気と

反抗期の衝動にかられて

私にぶつかってきたことで

気付くことができました!

もしも、我が子から

反抗期のアピールがあった時

勢い余って衝突してしまった時は

すぐに何とかしようとしてはいけません!

親も子も、動揺してしまうでしょう!

まずは、お互い一人になって

気持ちをクールダウンすることが大切です!

そして、お互いの行動や言動を振り返って

何がいけなかったのか?

相手が何を思っているのか?

冷静に考えてみましょう!

お互い謝るのは

照れや恥ずかしさで

素直に言葉に出すのは難しいかもしれません!

「ごめんね」が言えない時には

「おはよう」「いってらっしゃい」

「お帰り」「おやすみ」

の挨拶だけは、必ずしましょう!

親子だからこそ

挨拶をすることで

自然と仲直りできるはずです!

親は、子供がいくつになっても

我が子の事は心配なものです!

ただ、反抗期のこの時期は

言いたい事をグッとこらえて

少し離れて暖かく

我が子の様子を見守る事が大切です!

反抗期とは…?!中学生の思春期との違い?

反抗期は、大きく分けて2つあります!

第1次反抗期は、幼児期のイヤイヤ期

第2次反抗期は、個人差はありますが

早い子は小学生高学年から

中学生・高校生くらいまでと言われています!

この時期は、思春期と重なるので…

思春期=反抗期

というイメージですよね?

詳しく調べてみると

ちょっと違いがありました!

<思春期>

  • 身体の変化が訪れる時期
  • 身体に毛が生える
  • 男子は声変わりや女の子は女性らしい体つきに変化する
  • 身体が変化に、心が追い付かず戸惑いを感じる

<反抗期>

  • 精神的な成長、自我が芽生える時期
  • 子供扱いされたくない気持ちと大人になりきれない成長段階の歯がゆさ
  • 親から自立しようとする心の変化
  • 心の成長時期、自立しようとする時期

似ているようですが…

その大元には、

“身体の成長”

“心の成長”

という違いがあるようです!

ただ、どちらも大人になるのに

とても大切な成長過程ですよね?!

時期・期間や程度には、個人差があります!

一生このままという事はないので

親としては落ち着くまで

暖かく見守ってあげたいですよね!?

まとめ

反抗期とは、自立のための心の成長過程

口数が減り、時に衝動的に感情を表す

反抗期に親がやってはいけない事は

「抑圧」「説教」「干渉」「比較」の4つ

もしも、親子で衝突してしまったら…

時間を置いてお互いに冷静にクールダウン!

毎日必ず「おはよう」などの挨拶をし

暖かく見守ることが大切です!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする