子育て13年目!わたしの子育てイライラ対処法!

スポンサードリンク
 





わたしは3人のこども

を育てている30代の主婦です。

子育てを13年してきました。

子どもが生まれる前は、

自分で言うのもなんですが

割とおっとりした性格で

怒ったところを見たところがない

と言われていたぐらいです。

自分でもそんなに

喜怒哀楽の激しいほうではない

と思います。

かなりドライなのかなあ?

とも思っていました。

子どもが生まれて13年たって

現在では毎日イライラしています。

でもこのイライラとも

最近ではなんとか

うまくやっていけるようになりました。

わたしのイライラの対処法を

紹介したいと思います。

 

子育てでイライラするタイミングを知ろう!

まず、わたしがどんなときに

イライラするのかを観察してみました。

  • 子どもが寝ない

寝てくれたら後はフリータイム

なのに全然寝ようとしない。

お目目がランランとして

しゃべる子ども。

  • 都にアック生理前

生理前は、とにかく

イライラしやすいです。

自分ではコントロール

できないくらいです。

  • 無くした物が見つからない

月曜日の朝。

バタバタと登校時間になって

「あ給食袋がない!かさがない!」

といつもの風景。

「あれだけ、昨日のうちに

やっておくようにいったよね!?」

  • 宿題を教えているのに聞いてない子ども

宿題が分からないから

教えてと言ってきたくせに

ちゃんと座らずにダラダラ。

教えてても全く集中せず

聞いてない。

分からないと言って泣き出す。

ちょっと思い出してみただけでも

こんなにあります。

細かくみれば

まだまだあると思います!

ポイントとしては

自分の思うように物事が行かないと

イライラすると言うことです。

早く寝かせて、

自由な時間を満喫したい時に限って

なかなか寝ないとか。

朝は、スムーズに登校してほしいのに

バタバタに付き合わされるとか。

宿題もちゃんと教えようとしてるのに、

子どもは不真面目で

やる気が感じられないなど。

相手が自分の子どもだから

特にこう思うのかもしれません。

子育てでイライラしたときの対処法を紹介!

人間は、自分が大切にされていない

と思ったとき怒りを覚えるそうです。

子育ては、まさに

自分が大切にされていることを

感じられないことの連続です。

赤ちゃんのときから睡眠を削り、

歯もわるくして、腰痛にも耐え、

腱鞘炎にもなって

子育てしてきました。

でも子どもは、

そんなこともつゆ知らず

寝なかったり、食事を残したり、

全く言うことを聞いてくれません。

これが積もり積もって

イライラに繋がっていると思います。

例えば夫婦喧嘩。

いつもは仲のよい二人なのに、

夫が急に仕事が入ったと

夫婦の予定を

キャンセルしてきました。

かなり前から楽しみにしていたのに

かなりショックです。

仕事だから仕方ないとは

分かっているけれど、

約束を破られたように感じてしまい

今まで少しづつたまったものが爆発し

大喧嘩!

我が家の喧嘩は

これの繰り返しです。

でも夫婦は、ある程度

距離をとることができます。

でもこれが子どもとなると

イライラの吐き出し方が難しいのです。

特に夏休みはべったり

一日中なので逃げれません。

このときの対処法は

宣言する

イライラしてきたら声に出して

少しでも出すようにします。

子どもだから

大人のわたしが許してあげよう

とかは考えません。

「あ!その言い方ママいやだ。」

「早く寝てくれたら、

ママ残りの仕事できる。」

「今日ママ生理だからしんどいの。

イライラするから離れといて。」

と言う感じです。

子どもも大きくなってくると、

今は離れておいた方がいいとか

分かってきます。

イライラを小出しにして

子どもから離れてくれるようにしています。

今までは、訳もわからず、

いきなりわたしが切れて

子どもが泣いておしまい。

という最悪パターンが

ほとんどでした。

でも、怒りを小出しにするようにしたら、

子どもも考えてくれるようになりました。

また、子どものことを

全部完璧にしてあげるのはやめました。

子どもが恥ずかしい思いをしないように

子どもが失敗しないように

と先先用意していました。

でも小学校に上がり、

失敗して学んでいくのだと

担任の先生が教えてくれました。

忘れ物をしたとしても、

自分が困ることで

どうしたらいいか考えるのです。

宿題も分からないなら、

先生に自分から聞きに行った方が

イライラ教えてもらうより

よっぽどいいと思います。

そういうのを学校で経験していって

自分で対処できるようにしていくことが

大切だなと思いました。

過干渉をやめてから、

子どものことでのイライラが減りました。

部屋に忘れ物をしていても

ぐっとこらえて待ちます。

そしたら、急いで帰ってきて

大汗かいて走って登校していました。

まとめ

子育てでイライラしない人

なんていません。

自分にあった対処法で

過ごして行きましょうね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする