三人目の子育ては天国か地獄!?あなたの不安解消します!

スポンサードリンク
 





子どもは授かりものというけれど

いざ三人目となると

不安になるパパ・ママは

多いのではないでしょうか。

三人目が欲しいけれど、大変なのかな…?

子ども二人でもこんなに忙しいのに

三人いるなんて想像がつかない!

予期せぬ妊娠!

三人目を授かったけど大丈夫…?

これから三人目を考えている人も、

すでに授かっている人も

三人目の子育ては未知のもので、

不安だらけだと思います。

私は、子ども三人を育てています。

私も三人目を授かった時は、

たくさん不安を感じてたんです!

数々の不安と向き合いながら

三人目を出産!

けれど、三人育児を経験してみて

いま思うことは

「三人目を産んでよかった!」

ということです。

もちろん、大変なこともありますが

楽しいこと、うれしいこともたくさんあります!

私の経験談をふまえながら、

三人育児についてお話したいと思います。

三人目の壁!子育てを不安に感じる原因は?

三人目の子育てで

不安に感じる原因はなんでしょうか。

一つずつ確認してみましょう。

経済的な不安がある。

今のお給料でやっていくのも

ギリギリなのに

三人目が生まれて

やりくりできるのだろうか…?

三人目を出産すれば

当然出費もあります。

けれど、洋服や靴やおもちゃ、育児グッズなど

上の子のおさがりを使いまわせるので、

小さいうちは大きな出費はありません。

むしろ一人目の時よりも

何が必要か、必要ないかを

熟知しているので、

無駄な出費はなくなります。

地域によっては、

子ども三人目からもらえる

助成金やお祝い金などもあります。

今住んでいる役所に問い合わせたり

ホームページをチェックしたりしてみると

思わぬ発見があるかも!?

将来的に必要と思われる学費等は

今のうちから計画的に

貯金しておけば安心です。

貯金する余裕がない場合は、

保険料など家計をもう一度見直すと

今は必要ない無駄な出費に

気が付くことがあります。

家計見直しの

チャンスととらえてみましょう!

また、2019年10月から

「保育・幼児教育の無償化」

が実施されます。

就学前にかかる

教育費の負担が減ることは

ありがたいですね。

我が家では

「お金をかけなくても子育てはできる!」

というモットーで育児をしています。

  • 休みの日はお弁当を持って公園へ!
  • 欲しいおもちゃがあれば自分たちで考えながら工作する!
  • 英語や勉強などに興味を持ったらDVDや本など自宅で学習!
  • 勉強は親が教える!(親も頭の体操!)
  • 無料または低料金で行っている遊びやワークショップに参加する!

など、お金をかけなくても

子育てできる工夫は

いくらでも探せばあるのです。

どうしても習い事をしたいという時は

一つまでという条件で、

子どもの“本気度”を確かめてから

やらせるようにしています。

親が教えられないことや、

専門性の高い習いごとは、

子どもへの投資と思っています!

体力に自信がない。

子育て一人目を妊娠した時よりも

年齢が上がっているので、

出産も育児も乗り越えられる

体力はあるのだろうか…。

一人目の時よりも

当然体力は落ちています。

けれど、周りを見てください!

三番目の子どもには

“きょうだい”

という素敵な遊び相手が

もれなくついてくるのです!

いいお手本にもなり、

遊び相手にもなり、学ぶ場にもなります。

上の子を見ながら

自然と成長してくれます!

上の子どもたちが大きくなれば

お手伝いもできるようになります。

親の体力をカバーしてくれるはずです!

我が家では、上の子二人に

自分のことは自分でするように

教えています。

自分たちで洗濯物を片づけられるように

タンスの位置を工夫したり、

幼稚園や学校準備が一人でできるような

環境を整えたりしました。

食事の準備も片づけも

今では当たり前の日課になっています。

床の雑巾がけは遊びの一環です!

上の子が成長すれば、

ママが楽になることも増えるので

大丈夫です!

上の子二人のケアはどうすればいい?

つわりがひどくて家事ができない。

上の子二人もいて、

産前産後のサポートは誰がする?

日中、ママ一人で三人も育児できるの?

お産の時は、

上の子二人を預けなければなりません。

妊娠中で体調が悪い時も

どう過ごせばよいか悩みますよね。

まずは、身近な人で

協力できる人がいないかあたってみましょう。

妊娠と出産は“期間限定”です。

ここは割り切って

頼れる人がいたら頼りましょう!

どうしてもいない場合は

市で行っている

  • ファミリーサポート(有料ボランティア)
  • ベビーシッター、託児施設など

お金を払って

子どもを見てもらえるところありますよ。

出産後は

家事に育児に大忙しになります。

上手に家事を手抜きして

子どもたちと関わる時間を

確保してあげるとよいでしょう!

高齢になってからも子育てが続く。

周りの人の子育てが落ち着いていく中

自分の子育ては長引くので取り残されちゃう?

私は子育てがまだ終わったわけでないので

偉そうなことはいえませんが…

子育てが終わったママたちから

こんなことを言われます。

いいわねー!今が一番楽しい時期よね~!

子どもが大きくなると、

家に誰もいなくなるから寂しいわよー!

子育てしているときが、

一番充実してたんだなって

後から気づいたよ!

子育てが長くなるということは、

自分自身の楽しみも延長だと

プラスにとらえてみれば

ワクワクしませんか?

三人目の子育ての不安は

前向きな気持ちと

生活の工夫で解消しましょう!

三人目の子育てをするにあたり、

この4つの悩みを抱えている

パパ・ママが多いようです。

まずは、一つひとつ感じる不安を

取り除いていくことにしましょう。

三人目の子育ての楽しさを知り不安を吹き飛ばそう!

子どもが三人いれば、

家の中がとても賑やかです!

クリスマス、お正月、誕生日など

いろいろなイベントをするたびに、

家族が多くてよかったな、と感じます。

また、同じきょうだいでも

三人それぞれに個性があります。

性格も考え方も全く違います。

こどもたちが三人集まれば

そこは立派なコミュニティー!

喧嘩したり、仲直りしたり

話し合ったり、譲り合ったり

順番を決めたり、助け合ったり…

生きていく上で大事なことを

きょうだい同士で

自然に学び合うことができるのです!

素晴らしいことだと思いませんか?

そして、三人いればそれぞれの

幸せや喜びや感動を運んでくれます。

お金にかえることのできない

幸せを感じる日々が待っています!

どんなに大変な毎日でも

それを上回る喜びも感動も味わえるのが

三人育児です!

まとめ

三人の子育ては、頭だけで考えると

不安でいっぱいになりますよね。

確かに大変です。

けれど、実際に育ててみると、

子どもの数だけ、驚きや発見や幸せが

たくさん舞い込んできます。

大変さも倍増しますが、

幸せはその何十倍も何百倍もありますよ!

そして、どんどん自分自身も

たくましくなります!

妊娠中、

不安を感じていた自分は一体どこへ?

今では、「なんとかなる!」が口癖です。

慣れってすごい!

山あり谷ありの子育てですが、

三人の子育ては、

子どもにとっても自分にとっても

最高ですよ!

生まれてきてくれた子どもたちに

感謝をしながら、

三人育児を楽しみましょう!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする