ヘルプミー!!子育てにイライラしない方法は本当にあるの!?

スポンサードリンク
 





子どもは“天使”だと言うけれど…

心の底から天使だと感じながら

子育てできたらたらどんなにいいか…。

小悪魔と思いながら

子育てしているこの現実…。

何度同じことを言っても全然聞かない!

些細なことで泣きわめく!

全然寝てくれない!

ダダをこねる!

家を散らかす!

困らせ上手!

口答えだけは立派!

「ああ、イライラする!!」

つい、感情が言葉に出てしまいます。

子育てにイライラはつきものですが、

イライラしない方法って

本当にあるのでしょうか?

子育ては疲れるとイライラスイッチがONになる!

まずは、なぜイライラしてしまうのか

原因を考えてみましょう。

毎日、子どもの相手だけを

していればよいわけではありません。

掃除、洗濯、買い出し、料理、

片づけ、そして旦那のお世話まで…。

子育てをしながら家事をこなすことは、

容易なことではありません。

私の体は一つしかないのに、

やることが多すぎてキャパオーバー!!

と心の中で毎日叫んでいます。

子どもの相手だけすればよいのであれば

我が子と気持ちよく向き合えるはずです。

だって、自分にゆとりがあるのですから。

そうはいかない現実…。

ママの心と体は、家事と育児に追われて

どんどん疲れ果てていきます。

そして、子どものことを受け止める余裕が

なくなってしまうのです。

本来の自分であれば

子どもの気持ちに

寄り添えることができるはずなのに…。

「疲れた…」

と感じている時は、子どもの言動を

受け止めてあげることができずに

イライラしてしまうのです。

疲れた…と感じることで、

イライラスイッチもONになるのです!

こうなったら、

もうイライラが止まらない!!

些細なことでもイライラして、

自分自身にもイライラして、

何をするにもイライラして、

感情のコントロールが

できなくなってしまいます。

そうなると、ママも辛い!

子どもも辛い!

どうにかして、イライラスイッチを

OFFにしたいですよね。

そんな状況を脱したくて、

自分がどんな時に疲れが出やすいのか

書き出してみることにしました。

①買い出しに行った後にどっと疲れる。

②土日、子どもが休みの時に

 疲れがたまる。

③洗濯物を洗って、干して、畳んで、

 片づけて…の繰り返しで疲れる。

④台所に立ちっぱなしで

 料理をする時が疲れる。

⑤おもちゃを片づけても

 すぐ散らかるから疲れる。

私の場合は、こんな感じでした。

書き出してみると、子どものことより、

家事をすることで疲れが出ていることに

気が付いたのです。

そこで、疲れる原因を取り除くための

作戦を立てることにしました!

①買出しに行った後にどっと疲れる。

ネットスーパーや宅配サービスを

利用して、なるべく買い出しにいく手間を

省くことにしました

結果、買い出しする時間が

削減できたので、その時間を

休息タイムにあてられるようになって

体が楽になりました!

子連れで買い物をすると

子どもも遊べずにストレス&イライラ!

子どもにとっても買い物の時間を

遊びにあてられるようになり

イライラ解消!

そして余計な買い物もしなくなったので

経済的で一石二鳥!

②土日、子どもが休みの時に疲れがたまる。

土日のどこかで、旦那に協力してもらって

自分が休む時間を作ってもらいました。

私は、

土日どちらか朝寝坊させてほしい!

とお願いをしました。

時間を気にせず

ゆっくり眠れるというだけで、

心も体もリフレッシュ!

また、月曜日に

なるべく予定を入れないようにして、

土日の疲れを

月曜日にとるように心掛けました。

③洗濯物を洗って、干して、たたんで、片づけて…の繰り返しで疲れる。

洗濯物を洗わないことはできないけれど、

「たたむ」と「片づける」

を省略してしまおうと考えました。

家族分(一人ひとつ)のカゴを用意し、

そこに乾いた洗濯物を

それぞれのカゴに入れていきます。

使うものはそこから出して使うと、

なんてラクチン!

ハンガーにかけて干すものは、

ハンガーごと取り込んで

クローゼットにかけています。

畳む手間も省けます!

そして、時間に余裕がある時に、

洗濯物を片づけるようにしました。

④立ちっぱなしで料理をする時が疲れる。

台所に折りたためるイス(脚立や台も)

を用意し、ちょっと腰掛けるだけでも

楽になります!

料理の具材を切る時は、

座ってテレビを見ながら

ダイニングテーブルで野菜をトントン!

体を休めながら

楽しく料理をしています!

⑤おもちゃを片づけてもすぐ散らかるから疲れる。

大きな箱を用意し、そこにおもちゃを

どんどん入れるようにしました。

“とりあえずボックス”

と名付けています。

毎回細かくおもちゃを仕分けして

片づけていると、時間がかかる上に

すぐ子どもがおもちゃを出して

散らかすので、堂々巡り…。

一週間に一回、子どもとおもちゃを

片づける日を作り、それ以外の日は、

ただおもちゃを

ぶち込むだけでおーしまい!

おかたづけ、簡単!!

おもちゃの片づけ以外でも、

リビングの片づけにも

“とりあえずボックス”

を使って、楽に片づけできますよ。

以上のやり方を実践し、

自分自身が少し楽になり

気持ちにゆとりがでてきました。

以前より、子どもと穏やかに接する時間が

増えたように感じます。

「家事をやらなきゃ!」と、

自分を追い込むことはやめました。

どんなことなら省けるか考えることも

大切なのだと気づく結果に。

このように、自分が何に対して

疲れが出やすいかを

自分自身に聞いてみましょう。

そして、できる範囲で疲れない

工夫をしていくとイライラが

半減するかもしれませんね!

子育てでイライラしない人をお手本にしよう!

うまく疲れを取れたとしても

まったくイライラしないわけでは

ありませんよね。

では、どうすればイライラしないで

子育てができるのでしょう。

それは、イライラしないで

子育てしている人をお手本にすることが

一番の近道かもしれません。

イライラしていない人には、

こんな特徴があります。

①子どもに高い要求をしない。

②親の理想を押し付けていない。

③いつかこの大変な時期は終わりが来る!

 と、未来を見据えている。

④子どもがギャーギャー泣き叫んでも、

 巻き込まれることなく

 うまく子どもと距離を置いている。

⑤子どもは親の思い通りにはならない

 ということを受け入れている。

⑥〇時までにご飯を食べなくてはいけない!

 など、細かいルールを作りすぎていない。

 結果、子どもを注意することが少ない。

⑦ママ自身が、自分のリフレッシュ方法を

 知っている。

⑧家事・育児すべてにおいて、

 頑張りすぎていない。

⑨周り(いろんな情報や人付き合いなど)

 に振り回されていない。

 自分のペースを保てている。

以上が、イライラしない

子育てをしている人の特徴です。

あなたはいくつ当てはまりましたか?

全部は難しくても、

一つでもマネしてみると、イライラが

軽減されるかもしれませんね。

まとめ

可愛い我が子と、

笑顔で過ごせたら

どんなに楽しくて幸せなことか…。

でも現実は

イライラすることばかりですよね。

自分自身がどんなことに疲れ、

イライラしているのか

原因を探ってみましょう。

そして、その原因を

一つずつ取り除いてあげることで、

イライラも

少なくなるのではないでしょうか。

イライラしない子育てをしている人の

いいところをたくさん見習い、

自分自身もイライラと

さよならできるといいですね!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする