親子で楽しむ絵本の世界! 0歳児の絵本はいつから? 効果はあるの?

スポンサードリンク
 





パパ・ママにとって

初めての育児は

分からないことがたくさんありますよね。

私も、初めての育児で

赤ちゃんとどんな風に遊んだり

コミュニケーションをとったりしていいのか

わかりませんでした。

「赤ちゃんには絵本がおすすめ!」

と耳にしたことはあるけれど、

どうやって絵本を選んだり

読み聞かせをしたりすればよいのか

当時はよく分からず

戸惑うこともありましたね。

三児の母になった今では

絵本が赤ちゃんにとって

いかに良いものかということが

分かるようになりました。

新米パパ・ママたちも

当時の私のように

同じ悩みをもっている方が

多いのではないでしょうか。

赤ちゃんには絵本の読み聞かせが

いいって聞くけれど、

いつから読み聞かせを始めればいいの?

まだお喋りできない赤ちゃんは

読み聞かせをしても

本当に分かっているの?

赤ちゃんに読み聞かせをすると

なにか効果はあるの?

今日は、そんなパパ・ママたちの

疑問にお答えします!

0歳からスタート!絵本の読み聞かせはいつからがおすすめ?

絵本の読み聞かせは

いつから始めるの!?

それはズバリ!!

絵本の読み聞かせは、

生後0か月からスタートできます!

もしも、お子さんの月齢が

高くなっていても

「スタートが遅れた!」

なんて思わなくて大丈夫です!

今日からスタートでも、もちろんOK!

赤ちゃんを産んだばかりのママで、

「今日から絵本の読み聞かせを

 始めなくちゃ!」

なんて焦らなくても大丈夫です!

生後間もない時期は

赤ちゃんの生活リズムが不規則な上に

ママの体も回復していない時期です。

赤ちゃんのご機嫌のいい時間が増えて

ママに心と体の余裕がでてきたら

絵本の読み聞かせを始めてみましょう!

生まれた時から絵本の読み聞かせを

スタートできることはわかりましたが

赤ちゃんはどんな絵本を好んだり

どんな読み方をすると喜ぶのでしょう?

選ぶ絵本は、パパ・ママが

「この子にこの絵本を読んであげたい!」

 

と思う絵本で大丈夫です!

その方が、パパ・ママの想いも伝わります。

でも、どんな絵本を

読んでいいのか分からない!

月齢に合った絵本ってどんな絵本?

と、絵本選びに迷ってしまう

パパ・ママも多いでしょう。

そこで、月齢に合わせた絵本選びをご紹介します!

生後0ヶ月~

生まれたばかりの赤ちゃんは

視力が未熟ですが

聴覚は発達しています。

言葉もまだ分からない時期ですが

パパ・ママの声はちゃんと

赤ちゃんにも届いています。

この時期の赤ちゃんは、

“音を楽しむ絵本”

がおすすめです!

「じゃーじゃー!」

「ワンワンワン!」

「ガタガタ!」

など、音がつまった絵本は

赤ちゃんにとって、とても親しみやすく

音を楽しむことができます。

また、

うたやメロディーが聴ける絵本も

おすすめです。

パパ・ママが一緒に口ずさむと、

赤ちゃんも喜びますよ!

この時期のおすすめ絵本はコレ!

  • 『じゃあじゃあ びりびり』(偕成社)

  • 『もこもこもこ』(文研出版)

  • 『わんわんわん』(理論社)

  • 『だっだぁー』(主婦の友社)

  • 『うたえほん』(グランまま社)

  • 『あかちゃんのうた』(童心社)

  • 『あかちゃんとお母さんのあそびうたえほん』(のら書店)

上記の絵本を

我が子にも読み聞かせしましたが

最初は反応しているのか

よく分かりませんでした。

ところが、月齢が進むにつれて

お気に入りのページで手足を

バタバタさせたり

ニコっと笑ったりするようになり

「絵本を楽しんでくれていたんだ!」

と、後から実感しました。

ちゃんと赤ちゃんにも

読み聞かせの声が届いているんだなと思ったら

嬉しくてたまりませんでした。

3ヶ月頃~

生後3ヶ月~5ヶ月くらいになると

赤ちゃんの視力が発達してきます。

ものや色などを認識できるようになります。

この時期は、

はっきりとした色(赤、黒など)を認識したり

鮮やかな色の対比を

楽しんだりすることができます。

また、パパ・ママの顔や

おっぱいに似ている丸い形を好む傾向があり

音、色、形に興味を示して

目で追うようになります。

この頃になると、首も据わり

パパやママのおひざに抱っこされて

絵本を楽しむことができるようになります。

わずか数か月でこんなに

成長するなんて、すごいですよね!

この時期のおすすめ絵本はコレ!

  • 『ごぶぼぶごぼごぼ』(福音館書店)

  • 『いっしょにあそぼしましまぐるぐる』(学研)

  • 『まる さんかく ぞう』(文溪堂)

  • 『なーんだなんだ』(童心社)

  • 『はじめてのかたちFIRST LOOK』(偕成社)

今までねんねした状態で

絵本を読み聞かせていた我が子が

ちょこんとおひざに座って

絵本を見るようになり

それはそれは感激しました!

子供の表情をよく見ると

絵や私の指をちゃんと

目で追っているのです。

絵本の時間がさらに楽しくなりました!

6ヶ月ごろ~

この時期になると

寝返りやお座りができるようになります。

うつ伏せやお座りを楽しむようになり

寝ていた頃に比べて

赤ちゃん自身も好奇心が高まっていきます

そうなると、絵本への興味も倍増!

パパ・ママと向かい合って

顔を見合わせて絵本を楽しむこともでき

絵本の時間が今まで以上に

楽しくなっていきます。

向かい合うだけでなく

一緒にスキンシップを楽しむ絵本も

この時期におすすめです!

この時期のおすすめ絵本はコレ!

  • 『あかちゃん』(ブロンズ新社)

  • 『いない いない ばあ』(童心社)

  • 『おつきさまこんばんは』(福音館書店)

  • 『かお かお どんなかお』(こぐま社)

  • 『おひさま あはは』(こぐま社)

  • 『ぎゅう ぎゅう ぎゅう』(講談社)

  • 『くっついた』(こぐま社)

  • 『きゅっ きゅっ きゅっ』(福音感書店)

我が子が6ヶ月くらいになると

絵本をチラっと見せるだけで

ワクワクした表情を

見せるようになりました。

我が子と向かい合って、

お互いの顔を見ながら

絵本を読み聞かせをしていると

一緒に絵本の世界の楽しさを

共感できているという

実感がわいてきました。

心と心が通じ合っているような気持になり

育児の疲れも吹っ飛んでいきました。

8ヶ月頃~

この頃になると

ずり這いやハイハイができるようになります。

一歳前後では伝い歩きから

一人歩行までできる赤ちゃんもいます。

行動範囲が広がり

感情表現が豊かになる時期です。

興味があるものは自分から

手に取って遊ぶようになります。

絵本も同じように、

自分でめくってみたり

好きな絵本を手に取ってみたり

するようになります。

赤ちゃんの手のひらで読みやすい

小さめの絵本や

破れにくい分厚いボードブックを

選ぶこともおすすめです!

この時期は

「おもしろい!」

「たのしい!」

「だいすき!」

「もっと読みたい!」

という感情を

身振りや手振り表情などで

表すようになります。

赤ちゃんもここまで成長してくると、

パパ・ママも

絵本の読み甲斐がでてきますよね。

この時期のおすすめ絵本はコレ!

  • 『はらぺこあおむし』(偕成社)

  • 『どうぶついろいろかくれんぼ』(ポプラ社)

  • 『だるまさんが』(ブロンズ新社)

  • 『がたん ごとん がたん ごとん』(福音館書店)

  • 『ママだいすき』(こぐま社)

  • 『くだもの』(福音館書店)

我が子が8ヶ月以降になると

子供が好きな絵本のレパートリーも増えて

私自身も好きな絵本が多くなっていきます。

音、色、形に加えて

絵本のストーリーも楽しめるようになり

絵本の時間が更に楽しくなりました!

気に入った絵本は

何度も私のところに持ってきて

“読んで!”

と、催促してくる我が子に

成長を感じました。

今回は、一部の絵本をご紹介しましたが

素敵な絵本が他にもたくさんあります!

もしも絵本選びに迷ったら…

絵本ナビhttps://www.ehonnavi.net/

というサイトで

絵本を探すこともおすすめです。

試し読みができたり

年齢やテーマに合わせて絵本を

探せたりできます。

そして、出会ったことのない

絵本にもたくさん巡り合えますよ!

メリットいっぱい!0歳児にとって絵本は最高のプレゼント!

赤ちゃんに絵本を読んで

一体どんな効果があるのでしょう?

絵本の読み聞かせの効果や

メリットをご紹介します!

集中力がつく!

月齢が低い頃は、ただジーっと

絵本を見ている赤ちゃんですが、

月齢が高くなるにつれて

絵本を触ったりページを

めくったりすることに楽しさを覚えます。

途中で飽きてしまうこともあります。

それでも、毎日パパ・ママが

絵本の読み聞かせをすることによって

次第に絵本を見ることの楽しさを覚え

だんだん集中力がついていきます。

気付けば、絵本の時間は

集中して見るようになります!

集中力がつくと、

のちのち子供の生活面や学習面でも

相乗効果があらわれてきます。

語彙数が増える!

まだお喋りできない赤ちゃんでも

聴覚は発達してるんです。

読み聞かせを通じて

さまざまな言葉を

頭の中にインプット

赤ちゃんの時期から

たくさんの言葉に触れることで、

語彙数が増えます。

子供自身のコミュニケーション能力や

表現力が高まっていきます。

たくさんの感情を知ることができる

絵本の中には、

さまざまな場登場人物が出てきたり

人生に経験したことのない場面が

たくさん出てきたりします。

パパ・ママが気持ちを込めて読んだり

身振り手振りや声の強弱で

登場人物の気持ちを表現したりすることで

子供自身がいろんな感情に触れ

情緒の発達が促されます。

絵本(本)が好きになる!

パパ・ママから

たくさんの絵本を読んでもらうことで

絵本が大好きになります。

絵本が好きな子供は

大きくなっても

本を読む習慣がついているんす。

本を読むことは

子供の学習能力の向上にもつながります。

読解力がつく

簡単に言うと

勉強できる子に育ちます!

学習において、

読解力はすべてで必要とされることです。

小さいうちから絵本を読む習慣が

将来子供の

読解力の向上につながっていくのです。

親との絆が深まる

絵本の読み聞かせは

親子の最高のスキンシップです!

会話ができない赤ちゃんでも

絵本を通じて

親子のコミュニケーションを

はかってくれるのです。

子供が楽しさや安心感を得るだけでなく

自分のために絵本を読んでくれているという

“愛情”

を感じることができ

親子関係がより良いものになります。

絵本って、こんなにメリットが

たくさんあるんです!

絵本は赤ちゃんにとって

最高のプレゼント!

ぜひ赤ちゃんの時期から

親子で絵本の時間を

楽しんでみてくださいね!

まとめ

絵本は赤ちゃんにとって

一番親しみやすいおもちゃであり

親子の絆を深める

最高のコミュニケーションツール

でもあります!

でも、一日にたくさん

読めばいいというわけでもありません

量より質です!

回数にこだわるよりも

一冊の絵本をどんな風に読み聞かせして

いかに親子の時間楽しむかを

考えてみてくださいね!

今まであまり絵本に

目を向けてこなかったパパ・ママ!

今からでも遅くありません!

今日から、親子で絵本の時間を

楽しんでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする