子育て中にイライラ爆発!?イヤイヤ期の2歳児の実態!!

スポンサードリンク
 





子育てに少しずつ慣れてくると

歩いたり話したりするのも

ホントにあっという間!

そんな姿を見てると

癒されると共に小さいなりに

1人の人間になっていて

自己主張が激しくなってきます。

これってもしや噂の

「イヤイヤ期?」と

イライラしがちなママさんも多いですよね?

私の娘、1歳9ヶ月もまさにその時期。

いやー!思っていたよりも大変!

何をするにも一言目は

「ちがぁう!」と

拒否される毎日!

親とはいえ人間なので、

疲れていたりイヤイヤが毎回だと

「こっちがイヤイヤ言いたいよ〜!」

と肩を落としちゃいます…

それでも止まることが

できないのが子育て!

2歳児のイヤイヤ期を理解して

大変な時期は

永遠に続くわけじゃないとわかれば

今よりも少しだけイライラが減るかも!

自己主張をし始めて

言うことを聞いてくれない

イヤイヤ期の2歳児に関して

徹底解剖します!

子育てが一番大変な時期って、一体いつなの!?

終わりのない子育ての中で

一番大変な時期と感じるのは人それぞれ。

…とはいえ、

今の状態がいつまで続くの?!

と思ってしまう毎日。

1歳までのほにゃほにゃしている

赤ちゃんの時期は寝不足。夜間の授乳も。

1歳過ぎてからは

離乳食の進行具合に悩んだり。

2歳になってからはイヤイヤ期…!

あれ?もしかして

年齢が上がるごとに

大変なことも増えていってない?

と青ざめてしまいそうだけど、

「魔の2歳児」

「悪魔の3歳児」

「天使の4歳児」

という言葉知ってますか?

その名の通り

2〜3歳児は子どもの自己主張が激しく

融通がきかないもの。

あの手この手を使い、まさに試行錯誤!

子どもとの折り合いをつけていく毎日で

可愛い我が子が

「悪魔」に見える時がある

ということから

ママさんたちの間でつけられた名前。

ですが、注目してもらいたいのは

「天使の4歳児」です!

そう!育児経験者のママたちは

子どもが4歳くらいになると、

2〜3歳までとは見違えるほど成長します!

相手の言い分を受け入れたり

自分の気持ちを言葉で表したり

ものすごく会話がスムーズにいき

日々のやりとりが

円滑に進むというのです!

まさに「悪魔」からの「天使」!

イヤイヤ期まっただ中の娘を持つ私としては

天使まで、あと2年以上…と

さらにげっそりして

しまいそうだけど(笑)

自己主張が激しくなってきたのも

成長の証!

大変じゃない育児などない!

と、自分を奮い立たせて

イヤイヤ期の子を持つママさん!

一緒に頑張りましょう!!

子育てで一番大変な2歳児のイヤイヤ期!いつまで続く!?

2歳前後の子ども特有の

「イヤイヤ期」

大変じゃない育児はないですが

せめてこの大変なイヤイヤ期だけは

いつまで続くのか

目安だけでも知りたいもの。

そもそもイヤイヤ期が起きる理由として

自己主張が出来るようになってきたのと

「言葉でうまく気持ちを

 表現できない歯がゆさ」

から

「嫌なこと、違うこと=イヤイヤ!」

と子どもが表しているわけです。

子どもなりの意思表示なのだけれど

毎日朝起きた瞬間から夜眠りにつくまで

イヤイヤされたら親も疲れる!!

我が娘は寝言でも

「イヤ!ちがぁう!」

と夜泣きする日もあったり。。

成長の過程とはわかってるけど、

このイヤイヤ期早く終わらないかなぁ…

と1歳9ヶ月で、すでに思ってたり(笑)

子どもの発語は、成長度合いによって

早かったり遅かったりします。

言葉が出てきて、ある程度二語文が

話せるようになってきた3歳前後には

イヤイヤいう頻度が減ってきた

という意見が一般的のようです!

3歳以降は口も達者になるので

大人の言い分を分かった上で口答えして

要求をのんでくれなかったり。

また違った大変さがあるのですが

とにかく「イヤ!」「ちがう!」以外の

意思表示が言葉でできるようになる

3歳前後まではイヤイヤ期が続くと

腹をくくってくださいね

2歳児子育て一番の悩み!子どもが言うことを聞かないときは、どうする?

まだおっぱいやミルクだけで

まさに赤ちゃん!だった我が子も

気づけば小さいなりに

立派な1人の人間になっていて

子育ての悩みは尽きない!

イヤイヤ期の2歳児は、

大人のする事なす事全てがイヤ!

ママから見たら

「何でこれがイヤなの?」

と理解するのに苦労することも。

朝起こすのは

ママじゃなくてパパが良かった!

朝ごはんはパンじゃなくて

おにぎりがよかった!

自分の着たい服じゃなかった!

…などなど

子どもにとってイヤなことが

毎日の中で溢れている状態!

大人の言うことを聞いてくれなくて

結局、子どもは大泣き…

なんて場面、1日に何回かありますよね?

例えば、

おもちゃ売り場のおもちゃコーナー!

子ども全員共通だと思うんですけど

まー、帰ろうとしない!

「そろそろ帰るよ」

「おしまいだよ」

と言ってもまったく聞いてない!

絶対、聞こえてるはずなのにー!

何回声をかけても効果なく

結局、強制終了!

からの子どもは大泣き!

うちの娘もおもちゃコーナーにいって

素直に帰ってきたためしがない!

なるべく子どもの希望通りに

してあげたいけど

その場面や状況によっては無理なことも。

そういった時、

どうやって解決するかが大事!

やはり、子どもの気持ちを大切にしつつ

次の行動にうながすよう声をかけたり

気持ちを切りかえてあげるのが一番です!

イヤイヤ期の子どもは

イヤなことがあったり

思っていたことと違うと

泣いて怒って自己主張するけれど

気持ちの切り替えが早いこともある!!

まずは、子どもの気持ちが

満たされるように

出来る範囲で要求に応えること!

それでも言うことを聞いてくれない場合は

他のことに気をそらせてみたり

違う案を提案してみるのも1つの手!

イヤイヤ期で結構多いのが

「自分でやりたかった!」という主張!

自分でやりたい!

という気持ちが強い子には

まず、何をするにも

自分で選ばせてあげるとOK!

「こっちとこっち、どっちがよい?」

「これは〇〇くんがする?ママがする?」

選択肢をあたえてあげることによって

自分で決めたと

子どもは満足感が得られます!

大人の言い分は後にして

できるだけ子どもの主張を

受け止めてから対策を練るのが必須!

子どもの気持ちを無視して

大人の言い分だけを通すと

子どもの不満はいつか爆発するので

大変だけど、

しっかり向き合っていきましょう!

まとめ

正解のない子育ては毎日が悩みの連続!

自分のした対応は

間違ってたんじゃないか?

あの時、こうしたら良かったかな…

と子どもの寝顔を見ながら

反省する時もあります。

だけど、この「今」という時期は

当たり前だけど「今」しかないわけで

この瞬間の子どもの行動や姿は

過去にも未来にもないわけです。

1歳前までは抱っこしすぎて痛かった腕も

最近じゃ抱っこよりも歩きたいと言われ。

手を繋いで歩いている今も

きっともっと成長したら

手を繋いで歩くことも少なくなっていく。

さびしいなあなんて思うことも。。。

大変だけど

「今」の我が子との日々を

大切にしようと思えたりしますよ!

まぁ、きっと

イヤイヤ!違う!と

また言われたら、

げっそりするんですけど(笑)

イヤイヤが起こる理由や場面を把握して

子どもに寄り添いながら

これからも一緒に

子育てを頑張りましょう!!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする