ほんとにあった怖い話!?ママ友トラブル実例集!回避する方法とは!

スポンサードリンク
 





わたしは、3人の子供を

育てている主婦です。

たくさんのママ友と出会ってきました。

たいていのママ友は情報交換したり

旦那さんの愚痴を聞いてもらって

ストレス発散させてもらったり

本当に助けられました。

でも中には、怖いママ友もいたんです!

そんな私が出会った

ママ友の話をしたいと思います。

 

仲の良いママ友だと思っていたら次々とトラブル発生!

 

子供が幼稚園に通っていたときに

仲良くなったAさんがいました。

子供同士同姓とうこともあって

仲良くあそんだり

家を行き来する仲になりました。

Aさんとは、旦那さんの愚痴や

子育ての悩みを相談したりする

普通のおつきあいでしたね。

でも、あまりプライベートは

話していなかったように思います。

ある日、Aさんと

旦那さんの仕事の話になりました。

Aさんは私の旦那さんは

普通のサラリーマンで

同じくらいの生活レベルと

思っていたようでした。

話の流れで

ウチの旦那さんが給料のいいことを

知ったAさんは、態度が急変!!

今まではお互いの家に行くときは

お土産を持参して

それをおやつにするのが

暗黙のルールだったんです。

でも旦那さんの話をしてからは

見事なまでに

まったく持ってこなくなりました。

それどころか家に来るたびに

これ頂戴! 

あれももう使わないでしょ!

と子供のおもちゃを

もらおうとするように。

ときには、今月ピンチなんだと

昼食を食べて帰ったこともありました。

その変わり様から

私をカモにしていることは明らかでした。

仕方がないので、何とか理由をつけて

フェードアウトしようとすると

子供を使ってきました。

本当にしつこくて苦労しました。

子供にうまくいって

インターフォンを押させて

遊ぶ流れにしたりして来たんです。

完全な確信犯です!

はっきり迷惑だと

伝えようかとも思いましたが

子供が幼稚園のうちだけの我慢だと

卒園まで耐えました。

 

悲惨!ママ友同士のトラブルに巻き込まれる!?

 

BさんとCさんは

お家がご近所同士でとても仲良しでした。

休みの日にバーベキューをしたりして

家族ぐるみで仲良くしていたそうです。

私は、どっちとも挨拶をして

少し話すくらいの関係でした。

でもある日、Bさんの子が

Cさんの子をたたいたそうなんです。

いつもなら笑って

「子供の喧嘩だし。」

と言い合っていたのに

このときはいつもと全く違う展開に!

Cさんのパパも乱入!

幼稚園の先生も仲裁にはいっての

話し合いにまで発展したんです!

話し合いの後

Cさんが私に話しかけてきました。

話を聞くとBさんの子は

Cさんの子によく手を出していたそうです。

嫌なことがあると

全部Cさんの子のせいにして

まるでうっぷんを吐き出すように

たたくらしいんです。

それを見ているのに

Bさんはいつも軽く

「ごめんごめん」

と謝るだけ

Cさんはそれが我慢できなかったようです。

また次の日は、

Bさんが話しかけてきました。

Bさんの子は

ちょっとやんちゃで

幼稚園でも心配だということ。

Cさんの子に

そんなにきつくたたいている訳ではなくて

遊びの延長だったと主張。

お互いの話をきいて私が思ったのは

ああ、めんどくさいと言うことです。

結局二人とも子供は関係ないんです。

ママ自身が相手を嫌いなだけです。

 

 

ママ友とトラブルにならないために!おすすめ3か条!?

 

この他にもいろいろ経験した

肝に銘じておいたほうがいい

おすすめ3か条をお伝えします。

ママ友とトラブルになりたくない人必見です。

①ママ友は自分の友達ではない。

ママ友は

子供が間にいることでできた友達です。

基本的には自分に対してできた

友達ではないと思ったほうが

いろいろと問題が起きにくいです。

②親しき仲にも礼儀あり

どんな関係でも

これは絶対に忘れてはいけません。

礼儀を忘れて付き合える

人間関係はありえません。

③自分をしっかりと持つべき!

誰かが言ってたから。

子供が言うから。

旦那さんがいうから。

先生に言われたから。

親に言われたから。

もうママなんです。

しっかりと自分で考えて行動しませんか?

私の周りで

ママ友トラブルになっている人に多いのは

グループに俗している人のほうが

圧倒的に多いと思います。

ママ友といっても、

グループになる必要は全くありません。

グループに属さなくても

誰にでも挨拶をきちんとして

積極的に話しかけていけばいいんです。

無理に合わせて

しんどい思いをするのなら

思い切って一人になってみてください。

自分がしがみついていたグループが

いかにちっぽけでもろい集まりだったかを

実感することだと思います。

そうやって一人でやっていくと

本当に気の合う人が必ず見つかります。

私もそうやって今でも長く付き合える

表面的なママ友ではない

本当の友達ができました。

まとめ

 

いかがでしたか?

ママ友トラブルの実例を

いろいろ挙げてみました。

この程度じゃ、トラブルじゃないわ!

と思った方もいるかもしれません。

でも、わたしは

最後の3か条のおかげで

これくらいのトラブルで済んでいると思ってます。

悩んでいるママ

よかったら、参考にしてみてくださいね。

どうか皆さんも

すてきな出会いがありますように!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする