主婦暦13年の技!究極!家事手抜きのコツ伝授します⁉

スポンサードリンク
 





わたしは、

3人の子供を育てる主婦です。

主婦暦13年になりました。

子供が幼稚園に入園して

少し自分の時間が

持てるようになりました。

しかーし!

今までの3人子供がいる中で

研究に研究を重ねて手に入れた

家事の手抜きテクニック

変えるつもりはありません。

時間があるんだから、

手抜きしない!

そんな考えは毛頭ありません。

髪を振り乱し、

乳飲み子を抱えて、

赤ちゃん返りした上の二人。

幼稚園の送り迎えに

3人連れて、雨の日も風の日も

自転車で駆け抜けた日々。

やっとのことで探りあてた

家事の手抜き技を

ご紹介したいと思います。

家事に手抜きは絶対必要⁉考え方にコツがあり!

わたしは、そもそも

家事に手抜きはいけない

と思っていました。

外で夫が一生懸命

働いてくれているから

生活できている。

わたしの仕事は家事だから

手抜きなんてしたら

罰が当たるんだ。

本気で思っていました。

旦那が帰ってきたら、

ぴかぴかの家で出迎えて、

いつも温かい料理を出す。

洗濯も完璧。

お掃除も

毎日隅々まで

ピカピカに磨くのっ!

それが主婦の鏡なんだ!

と思っていました。

でも実際子供が産まれると、

片付けさえもままならない毎日に。

おもちゃは散乱して、

片付けている間に、

振り返ると

また他のおもちゃが広がっている。

床は食べこぼしが広がる。

布団はお漏らしから

吐き戻しでシーツから洗う日々。

スーパーに買い物に行くにも

3人子連れは

それはそれは、ハード極まりなし!

落ち着いて商品を見ていたら

子供がどこかにいってしまうか

カートに引かれてしまいます。

服は何枚も洗濯しないと

いけなくなるくらい汚します。

洗濯機フル稼働です。

一日24時間では足りない位

次から次へと

家事を増やしてくれます。

そんななか、

必要に迫られて

わたしも手抜きを覚えました。

結論から言うと

手抜きは必要なんです。

手抜きをすることによって得た時間が

子供のいたずらを

すこし大目に見てあげることができる

余裕をわたしに与えてくれました。

手抜きには、

最高の付加価値があるんです!

手抜きをしても、

ばれないスキルは最高のスキルだ!

そう自分に言い聞かせ

手抜きをすることに集中しました。

すると不思議と

家事が減っていったんです!

必要最低限しさえすれば、

後は無理して家事する

必要がないことに気づきました。

子供と遊ぶ時間も増えて、

ぐずぐず言うのも減りました。

夫もわたしが

手抜きしているなんて

気づいていないはずです。

実際に言われたことはないですし

イライラしていない

わたしの方がいいとは言われました。

実践!家事の手抜きテクニック!主婦暦13年のコツも教えましょう!

 

では早速わたしの手抜き

テクニックを紹介しましょう。

①物の数を必要最低限にする

物の数が多いと、

それだけで片付けたり、整理したり

保管するのに手間がかかります。

必要最低限にすることで

自分の管理できる範囲の

物がある状態にします。

具体的には、

子供の服は3枚。

下着 3セット。

にします。

おもちゃもあればあるだけになるので

数を減らしましょう。

時々おもちゃの

入れ替えを行うことで

子供もよく遊ぶようになります。

冷蔵庫の中の食材は

必要最低限にしましょう。

今ある冷蔵庫の中が

空っぽにしてから買い物に行く。

そう決めると案外できるものです。

あるもので料理することで

料理のレパートリーも増えますし

シンプルな料理になります。

②料理の手抜きはシンプル料理

子供はあまり手の込んだ物は食べません。

食材に火を入れて塩のみ!

などシンプルに

食べるようにすると

結構食べてくれます。

それに給食で

栄養士さんが考えた

栄養満点の食事をしています。

家では、難しいことは考えないで

ごはんと味噌汁を用意しましょう。

なにかおかずが

ほしいといったら、

卵を焼いたり、肉を焼いたり

お惣菜を使ったり、

冷凍食品を使いましょう。

料理はシンプルに!

③健康でいましょう

手抜きの一番大切なことです。

子供が学校や幼稚園に

行ってくれないと、家が汚れます。

給食も食べれません。

だから、手抜きをするためにも

健康にいてもらいましょう。

健康でいるために

早寝早起きをします。

食事も食べすぎないように

注意しましょう。

④洗濯はハンガー掛け

洗濯を干すときは、

全てハンガーに

掛けるようにしましょう。

こうすると、

干す動作のあとの

畳む動作が必要なくなります。

洗濯物が乾いたら、

収納に掛けて終了です。

ハンガーにかけると

わざわざ仕分けする必要もありません。

一目瞭然で

自分の物をとれるのです。

⑤掃除は気が向いたら

掃除機は必ず朝にかけたい。

そう思っていました。

でもわたしは、今は子供が

食べこぼしたら掃除しよう!

と思っています。

子供がこぼしたらついでに掃除もする

という感覚です。

こうすると、

拭き掃除もするので

結構きれいに保つことができますよ。

また子供がこぼしても、

まあ、家中汚れてきてたから

掃除しちゃうか

と許せる余裕ができてきました。

まとめ

子育てしながら家事も完璧にこなそう!

なんて無理なんです。

今では手抜きこそ

ぜひとも身につけておきたい

スキルだと思っていますね。

手抜きをして

こころに余裕のある生活を

送ってみませんか?

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする