産後の子育てが不安な2人目!?里帰りはするべきか?

スポンサードリンク
 





わたしは、3人子育てしている

30代の主婦です。

一人目の産後は、里帰りをしました。

そして二人目以降は

どちらも自宅に実母に来てもらって

産後を乗り越えました。

結果から言ってしまうと

よかったと思っています。

産後の不安がすこしでも解消されて

参考になれば嬉しいので

私の産後について

書いていきたいと思います。

 

不安的中!?2人目出産後の子育ては上の子中心に!!

2人目のときは

出産して退院してくると

即効で自宅に帰ってきました。

実母に泊り込みで

一週間いてもらうことにしました。

旦那さんは仕事であてになりません。

上の子が

赤ちゃん返りするかもしれない不安で

無理をいって頼みました。

母がいてくれた間は

掃除、洗濯、食事を全てやってくれて

上の子を時々

公園に連れて行ってくれました。

 

お陰で赤ちゃんと寝る時間がありました。

2人目は、

噂どおり育てやすかったです。

母乳もよく出て、

飲んだら寝ていてくれました。

しかし思っていたとおり

上の子が赤ちゃん返りに!

母が公園に誘っても

「ママと一緒がいい!」

と言ってわたしから離れません。

母乳を自分も飲みたいと

言い出したりして、

ほんとに赤ちゃんになってしまいました。

母がいてくれる間はよいのですが

帰ってしまうと途端に大変でした。

本当の赤ちゃんを見ながら

不安な上の子の

フォローもしないといけなかったんです。

あるとき一瞬目を離した時に

上の子が下の子を

引っかいたことがありました。

上の子の不安が

もろに伝わってきて

大きくショックを受けたことを覚えています。

それからは、

なんでも上の子優先にしました。

下の子が泣いていても

上の子が「遊ぼう。」

と言えばいっしょに遊びます。

「抱っこして。」

と言えばすぐに抱っこしました。

そうやって上の子を

最優先にしていると

だんだん落ち着いてきました。

2人目の産後は上の子の方が

大変だったろうなと思います。

やっぱり同じ!!3人目の産後の子育ては上二人が中心に!

3人目の時は

出産を助産院でしました。

出産も検診も入院中も

希望すれば誰でも一緒に参加できます。

赤ちゃんを家族に見守られながら

産みたかった

わたしの強い希望からです。

検診のときから

上の子を連れて行っていました。

エコーを一緒にみたりして

助産師さんが子どもにも分かるように

説明してくれました。

だんだんとお腹が

大きくなってきたときに

なんと真ん中の子の赤ちゃん返りが

始まってしまったのです。

わたしの姿が見えなくなると

パニックになって泣きながら探します。

抱っこ抱っこと言って

全然自分で歩こうとしません。

トイレに行くときも、絶対についてきて

一緒にトイレに入ってきます。

片時も離れたくないようでした。

助産院は出産後の入院は

個室と家族みんなで泊まれる大部屋を

選ぶことができました。

わたしは産後2人のことが心配でしたし

旦那は仕事だし、上の子は幼稚園もあるし

と言う理由でまた母に来てもらうことに。。。

そして出産を終えたあと

入院中もずっと子どもたちは一緒でした。

気がつくと真ん中の子の赤ちゃん返りが

ぴたりと終わっていたんです!

もちろん上の子は

赤ちゃん返りはしませんでした。

入院後は

2人目の時と同様に母に家のことと

上の子2人の面倒を頼みました。

3人目の産後はやはり待ったなし!

ゆっくりと寝るなんて全然無理!!

上の子のとき同様

真ん中の子に手がかかり、苦戦しましたね。

母が帰った後は完全にワンオペですから!

毎日が必死すぎて

細かいことははっきりと覚えてないくらいです!

しかし、今振り返ってみると

このやり方が

一番良かったんじゃないかなあと思ってます。

人数が増えていくにしたがって

幼稚園の送迎が必要になってきます。

里帰りすると

幼稚園を休ませることになりました。

また赤ちゃん返りは大変でしたが、

上の子の悲しさや不安な気持ちが

ダイレクトに伝わってきましたね。

今までと違う生活に

小さな子どもでも混乱しているのですから。

戸惑うのは当たり前ですね。

だから時間をかけて

しっかり向き合う必要がありました。

わたしがしっかり向き合えば

ちゃんと兄弟を受け入れてくれました。

今でもあの時子どもたちが

わたしに言った言葉が忘れられません。

「ママ、笑って。」

わたしは、意識的に

普段どおりしているつもりでした。

上の子優先で

できるだけ寂しい思いをさせないように。

必死で取り繕っていました。

でも子どもは

本能的にわかっていたんです。

あまりにも必死すぎて

眉間に、心にシワがよっていたのでは?

と思っています。

上の子がそのシワを

伸ばしてくれたんです!

今振り返っても

わたしも全力でしたが

子供たちもほんとにがんばってくれました!

産後はどんなに工夫したとしても

大変だと思います。

2人、3人と増えていくにつれ

ありとあらゆるトラブルが発生!!

そんな毎日の中で

自分がいかに気持ちよく過ごせるかが

重要になってくると思います。

あの頃の、わたしに会えるなら

もっと肩の力抜いたほうが

いろいろとうまくいくよ。

上の子もちゃんと分かって

くれてるから!大丈夫!

そう言いたいです。

だから今、

産後の子育てに不安を抱えている

あなたにも

同じようにお伝えしたい気持ちで!!

まとめ

産後は里帰りしても

家で過ごすにしても

あなたがしたいようにするのが一番です。

子どもは小さいながらにも

ちゃんと理解してくれて

応援してくれますから。

リラックスして

多少のトラブルでも楽しむぐらいの気持ちで

毎日を過ごしてみませんか?

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする