こんなところもある⁉︎ほんとうに必要な子育て支援とは?

スポンサードリンク
 





わたしは、3人のこどもを

育てる30代の主婦です。

こどもを産んでから、

様々な、子育て支援に参加してきました。

助けられたこともありますし

残念だったこともあります。

そんな実際にあった支援センターや

施設の話をしてみたいと思います。

実際にいってみた!子育て支援センターってどんなとこ?

わたしの住む地域には

子育て中の人が登録すれば利用できる

子育て支援センターがあります。

保育士さんがいて

子育ての相談を受け付けてくれます。

また支援センターには

たくさんのおもちゃが置いてあって

自由に遊べます。

子どもが好きなおもちゃもあるし

成長段階によって

部屋も区切られていたので

安心してあそばせることができました。

お昼前になると

保育士さんが体操をしてくれます。

ときどき絵本を読んでくれたり

手遊びを教えてもらったりしてましたね。

家で引きこもっているよりも

ここに来て他のママとしゃべれるのは

かなりのストレス解消になりました。

ここでできた友達に

おすすめの歯医者さんも聞いたりしました。

また同じような月齢の子どもたちが

たくさんいるので

その月齢にあった離乳食の紹介や

講座などにも参加しました。

とても参考になり

実際に取り入れることも多かったですね。

講座に参加するときは

保育士さんが子どもを見ていてくれるので

子どもと少し離れる時間もでき

とてもリフレッシュできました。

赤ちゃん時代から成長して

幼稚園に入るまでには

いろいろな保育園幼稚園で行われている

子育て支援にも参加しました。

保育園や幼稚園の園庭開放であったり

おもちつきだったり

工作できたり

体操教室だったり

毎月様々な子育て支援や

イベントがあって

親子で楽しく参加していました。

特に楽しかったのは、

ある幼稚園の園庭開放です。

そこは夏になると

プールにいれてもらえました。

担当の保育士さんも

とても感じがよくて

相談すると的確に答えてもらえました。

そのお陰もあって前向きに

子育てしていくことができました。

一番うれしかったのは

園児が一緒に遊んでくれたことです。

どのこもみんな面倒見がよくて

うちの子も慣れてくると

年長児のお兄ちゃんについてまわって

遊んでもらっている姿をみれて

とてもほほえましかったですね。

ブランコを押してくれたり

砂場で一緒にお山作りをしてくれたり

三輪車をおしてくれたり

どの子もみんな優しく遊んでくれました。

ここは毎日

園庭開放してくれていたんですね。

お陰で毎日外で元気に遊ばせてあげれて

お昼寝をする生活リズムがついたのが

とてもよかったと思います。

近くに公園もありましたが

手入れが不十分でした。

あと年配の方が

ゲートボールをしていて

子供さんは危ないからこっちにいれないでね。

と言われたこともあります。

なかなか遊ばせる場所がなかったです。

うちの子はよく動くので

赤ちゃん時代に行っていた

支援センターでは

物足りなくなっていました。

外でしっかり遊ばせてあげたかったので

この幼稚園は相性がよかったですね。

こんな事ってある⁉︎子育て支援で残念だったこととは⁉︎

もちろん子育て支援で

残念だったこともあります。

わたしが経験したのは、

子育て支援の

サロンというのに参加したときです。

公民館で開かれていて

年配の方が10名ほどいて

エプロンを付けて受付していました。

受付の時点で

なんかおかしいなとは感じたんです。

こどもは用意されたおもちゃで

たのしそうに遊び始めたので

まあいいかと、とりあえず受付しました。

するとエプロンをした人たちが

5人くらいでおしゃべりして

なかなか受付してくれません。

話している内容も

明らかに悪口でした。

ちょっと嫌な感じだと思いながらも

「すみません。」

と声をかけると

さもめんどうくさそうにされました。

おもちゃの数も

子どもの数とあっていないので、

おもちゃが少なく

あっちでもこっちでも

喧嘩が勃発することに。。

とくに何か対処するでもなく

片付けの時間になるとさっさと片付ける。

そんなサロンでした。

こども支援でこんなところあるの⁉︎

少なからず

ショックを受けましたね。

今までこんなに仕方なくやっている所に

行った事がなかったからです。

どうしてこんな風になったのか

疑問に思いその後3回行ってみました。

でも、毎回おなじ感じでしたので

その後、行くことはありませんでした。。

いろいろな子育て支援に参加して思うこと

最近は、子育て支援事業が

どこでも活発に行われています。

わたしもここで友達の輪が広がったり

情報交換できたことは

大変ありがたかったです。

また、どうしても子どもとふたりっきりで

息が詰まりそうになるのを

外に出ることで

助けてもらっていたように思います。

毎日どこかしらに顔をだしていると

生活のリズムができてきます。

こどもの食事やお昼寝のリズムが付くのは

とてもやり易かったですね。

子育て支援はそうやって

子育てを前向きに取り組める

手助けをしてくれていたと思ってます。

実際子育てしている立場からすると

やはり安心して遊ばせられる場所が

一番助かりました。

最近の公園は

人がいないこともあります。

変質者が潜んでいるから

行かない方がいい

言われる公園まであります。

昼間に子どもをつれて

安心して遊ばせることができる場所が

減っているように感じています。

そういった公園が

明るく安全な場所になってくれたら

子供たちも喜ぶと思うんですけどね。

子どもが小学生になっても

遊び場がないのはかわいそうですよね。

今回の子育て支援などを

上手に利用してもらえればと思います。

まとめ

私が経験しただけでも

子育て支援には

いろいろな形態がありました。

上手に利用してもらって

助かるなあと思える

子育て支援に出会えることを願っています。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする