本当に必要?小屋裏収納 !?作ってから後悔しない活用法は?

スポンサードリンク
 





テレビや雑誌のお洒落な部屋を見ると

目につくのが小屋裏収納!

クローゼットや寝室、アトリエ、書斎

素敵にアレンジして使っていますね!?

マイホームの設計段階に入ると…

小屋裏収納を作るか?

検討する人も多いと思います!

確かに

広い収納を確保できる!

手っ取り早い方法だと思います!

それって、とっても危険なんです!!

小屋裏収納こそ、ちゃんと考えないと

無駄で高コストになって

デッドスペースになる空間!!

せっかく作るからには

自分たちのライフスタイルに合わせて

本当に必要なのか?

どんな事に注意して作るのか?

一緒に考えてみましょう!

小屋裏収納にハシゴを付けた!我が家の子供部屋は大失敗!?

小屋裏収納(ロフト)=秘密基地

そんなイメージから…

我が家では

2つの子供部屋に着け外しのはしごで上る

小屋裏収納を作りました!

押入れ収納の上に1畳半ほどの広さで

落下防止の柵とリビング側の壁に丸窓!

設計当初…5歳と3歳の息子達が

数年後小学生になり

はしごを使って面白がって遊んでくれる?!

将来は、本や衣類など

子供達の思い出の品や季節物の収納として

使えたらいいかな?

漠然としたイメージと願望で作った。。。

これが、本音です!

では、実際に住んでみてどうだったか?

入居当初、面白がって上っては

おもちゃや本を持ち込んで

遊んだ時期もありました!

「やったぁ!大成功!」

と思ったのは、つかの間!!

1年過ぎる前に、息子達は見向きもしない

「ハシゴの着け外しが面倒」

「モノを持って上ると危ないから…」

それもそうだ!と納得してしまった私。

私自身も…

ハシゴを上って、掃除するのも大変で

子供達が散らかしたおもちゃを

いちいち片づけるのも苦労していました!

息子達だけでなく

私自身も小屋裏収納に

近づくこともなくなっていました。

興味を持つのは

遊びにきた息子達の友達ばかり。。。

残念ながら

我が家の子供部屋の小屋裏収納は

完全なデッドスペースです!

せっかく作った小屋裏収納を

デッドスペースにせず活用するには

どうしたらよいのでしょう?!

小屋裏収納に階段をつけた!物干しスペースは大正解!?

我が家には

もう一つ小屋裏収納があります!

花粉症のひどい家族のために

室内干しができるスペースが欲しい!

という理由から

風通しを良くする2つの窓を設置し

床面積も広く固定階段にしました!

洗濯物を持っていても楽に上がれて

シーツなどの大きなものは無理ですが

家族4人分の洗濯物なら

十分に間に合う広さを確保!

風通しも良く

小屋裏収納の最大のデメリット

夏の暑さも解消できています

設計から

使い道をはっきりイメージしました!

照明も邪魔にならないものを選び

ホームセンターでハンガーポールを探し

入居後すぐにDIYしました!

雨の日や夜も、気にせず洗濯が干せます

また、小屋裏なので

急な来客があっても、目につくことなく

現在も、大活躍の空間です!

収納としてではなく

1つの空間として機能性がUPしました。

小屋裏収納は目的や用途に合わせた床面積が重要!!

小屋裏収納を作る場合

設計段階でのイメージが大事です!

  • 何のために
  • どのように使う

この二つを決める事が大切です!

一時的な荷物置きならば

そこに何を置くかを具体的に考えること!

ハシゴや階段を使って運ぶのが

大変と感じるようであれば

ほぼ必要ないと判断できると思います!

面積が狭いと、収納よりも

はしごや階段のスペースのほうが

場所をとってしまう問題が発生します!

はしごや階段の設置を考慮すると

狭い面積の小屋裏収納は

違う形で補える事がほとんどです!

また、一つの空間として活用する時は

具体的にイメージしやすくなります

寝室であれば

ベッドや照明、コンセントの有無など

置く物のサイズが明確になると

理想的な面積まで決めることができます!

さらにインテリアの配置を決めると

動線も見えてきて天窓が欲しい!とか

書斎変わりの作り付けの机など

楽しいアイデアも浮かんできます!

まとめ

失敗しない小屋裏収納にするには

  • 目的:何のために
  • 用途:どのように使う

を明確にすることで

小屋裏収納自体の必要性が判断できます!

また、“目的”・“用途”が決まると

家具や設備の有無がイメージでき

確保したい必要な面積と

実際に使う動線も見えてきます!

単なる物置のための収納としてだけでなく

家族が最大限にスペースを利用し

機能的に使えるようにしたいですよね!?

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする