お風呂の掃除どうしてる?床の白い汚れの正体は!?

スポンサードリンク
 





毎日のバスタイム。

綺麗なお風呂で

毎日の疲れを癒したいものですよね?

でも、だんだんと汚れていく

お風呂の床、そして壁

掃除しないとなぁしないとなぁと思いつつ

目をつぶって見ないふり。

もちろん毎日浴槽を洗うことは

欠かさずに続けています!

でも、床まで

手が回らないこともしばしば。

これで何日も、放置していた

お風呂場の床がなんだか白くなってきた?

お風呂の床の白い汚れの正体は!?

お風呂の床の白い汚れの正体は

シャンプーや石鹸などの

洗剤の残りであったり

皮脂汚れが原因で白く残っていきます。

毎日お風呂場で体を洗いながら

流しているつもりでも

だんだん蓄積されていったのです。

これをもし放っておいたら

そこにカビが生えてきたり

せっかく綺麗に洗ったつもりの

バスタイムの最後に足裏にばい菌がついてしまう!

そんなことが起こるかもしれません。

我が家には

やっと一人座りができるように

なったくらいの子供もいます。

私や、上の子が体を洗っている間は

床に座らせていました。

でも、こんな雑菌だらけのところに座らせて

体にばい菌でも入ったらと思う大変です!

バスタブは、もちろん毎日洗いますが

床はいつものお手入れプラスして

掃除していく必要があるのかもしれません。

毎日よく使う場所、排水口の近くであったり

体を洗う場所はそんなことないのに

お風呂場の壁際や蛇口下の

エプロン下が白くなっています。

きっと洗い流す時に

そこにシャンプーや石鹸かすが

流れてそのままになっているのでしょう。

お風呂の最後には

必ずシャワーで水を流すようにはしていたのですが

知らず知らずのうちに汚れが蓄積されていました。

またそういう場所は全く使わなかったり

触らなかったりします。

きっと汚れのない場所は

私達が擦り取っていたのかもしれません。

そう考えると、せっかくのバスタイムが

なんだったんだろうと凹んでしましました。

これは絶対に綺麗なお風呂にしてやる!

と心に誓いました!

では、実際にお風呂の床を

掃除してみたので紹介したいと思います。

お風呂の床の掃除をやってみた!

実際にお風呂の床掃除をやってみました。

色々調べていくと

重曹を使ったり、クエン酸を使ったり

ハイターでやったり

オキシ漬けなる方法も色々な方法がありました。

家には、まだ小さい子供がいるので

掃除にきつい洗剤はあまり使いたくない!

掃除している間にお風呂場に入ってきて

「手伝いたい!」と言うのは目に見えています。

いまなら安心な洗剤として

重曹を使いたいところではあります。

その時は知識がなかったので

重曹は家にはありませんでした。

そこで、我が家にもあった食器用洗剤で

お風呂の床掃除をしてみることにしました。

食器用洗剤は、もともと油汚れに強く

洗浄力を発揮してくれます。

これなら我が家にもありますし

子供がもし掃除中にお風呂場に

入ってきたとしても大丈夫そうです。

私がやった方法は

まず軽くお風呂場の床全体を

水で濡らしました。

スポンジに、食器用洗剤を付けて

クルクルと円を描くように床を磨いていきました。

泡立ちがすごくいいので

洗っていても楽しかったです。

床全体を磨いていくのは、結構大変でした。

とくにエプロンの下は

手が届きにくいし見えにくいので大変です。

エプロン下は、シャンプーやら石鹸やらで

かなりこびりついていたので

食器用洗剤も何度も

継ぎ足しながら作業を進めていきました。

掃除を進めていくと

壁の汚れも気になりだしました。

黒いプツプツした汚れです。

スポンジでこすってみると簡単に落ちました。

全体が終わると15分ほど放置。

こうすることによって洗剤が

汚れを分解してくれます。

15分経って、お湯で洗い流しました。

すると綺麗に白い汚れが消えていて感動!

でも、よく見てみると

やはりエプロン下はまだ汚れていました。

そこでもう一度

今度はお湯をかけて再び挑戦してみました。

食器用洗剤でまんべんなく磨いて

今度はラップをして放置してみました。

この前テレビで見た方法を早速試すことに。

ラップをすることで

汚れに直接洗剤が作用してくれるそうです。

15分ほど置いてからもう一度

スポンジで磨くと綺麗になりました。

気分がよくなった私は

蛇口も一緒に洗ってみました。

食器用洗剤で蛇口を磨いていくと

綺麗になり新品の時の輝きを

取り戻してくれました。

食器用洗剤でお風呂場が

掃除できたので大満足です!

色々な洗剤を買わなくても

家にあるもので代用できることを知って

これからも続けていきたいと思いました。

まとめ

お風呂の床の白い汚れの正体は

シャンプーや石鹸の残りかすです。

またそこに皮脂汚れが絡まっています。

お風呂の床掃除には

食器用洗剤がおすすめです。

頑固な汚れには

お湯とラップで対処してみてください。

毎日のお手入れは何かと大変ではありますが

気持ちのいいバスタイムを手に入れましょうね!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする