システムエンジニアとは?小学生にもわかりやすく解説します!

スポンサードリンク
 





中高生男子のなりたい職業ランキング上位

  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • ITクリエイター
  • ゲームクリエイター

パソコンや電子機器を使った職業が人気です。

確かに、名前からしてカッコいい!

今どき流行りの職業ばかりですね。

ゲームクリエイターやITクリエイターは

SNSやインスタグラム

オンラインゲーム

インターネット

が手軽に使える現代では

なんとなく想像できるでしょう!

では…?

システムエンジニアやプログラマーは

一体、どんな仕事?

どうしたら?なれる?

疑問を持つ人も多いでしょう!?

では、一体どんな仕事なのでしょうか?

現役システムエンジニアであるわたしが

分かりやすく解説します!

あこがれのシステムエンジニア、プログラマー!一体どんな仕事?

1つのシステムをわかりやすく

家づくりに例えてみましょう!

システムエンジニアは…

建築で言う『設計士』

プログラマーは…『大工さん』

システム開発は簡単に説明すると

要件定義→設計→製造→試験

の4つの工程になっています!

システムエンジニアは

「要件定義→設計」が主な仕事です

噛み砕いて説明すると

お客様からどんなものを作りたいのか?

どのように使いたいのか?

という要望を聞き

システム全体を把握するのが要件定義。

そこから、どんな素材を使って

どのように組み合わせて

システムを作り上げるのか?

図面に起こすのが設計です!

家づくりも、似ていますよね?

お客さまの要望を聞いて

家の外観や形を作ります!

そして、全体の細かな仕様を決め

基本設計、詳細設計

どこに、どんな窓を付け

家の内部はどんな間取りにするのか?

細かい所を決めていきます!

複数のプログラムを組み合わせて

結合試験を行います!

キッチンやお風呂の配置

住む人が使いやすいように設計します!

最後に正常に機能するか?

全体の動作チェックをする

総合試験を行うのが仕事です!

これもまた

全ての部屋が便利に機能するように

設計書にしていきます!

システムエンジニアは

ITスキルを持ち

顧客のニーズに応えるための

高いコミュニケーション能力が重要です!

次に、プログラマーは…

システムエンジニアが

作成した設計書に沿って

プログラミングを行うのが仕事です!

「製造→試験」が主な業務内容です

システムエンジニアが作成した

設計書に基づき

求められた動作をいかに速く正確に!

プログラミングするか?

出来上がったものの単体試験を行い

必要であればより良い解決方法を見出し

提案する能力が求められます!

プログラムの良し悪しは…

プログラマーの腕次第と言われています!

それには、高いプログラミング力と

細部までチェックできる能力も

必要不可欠です

どうでしょう?

システムエンジニアとプログラマーの違い

お分りいただけたでしょうか?

では!

システムエンジニアになるには?

どんな勉強をしたらいいのでしょう?

システムエンジニアになるために必要な4つの事!!

①コミュニケーション能力

顧客の要望を正確に理解し…

システムに反映する!

そのためには、お客様はもちろん

仕事に携わる関係者との

コミュニケーションが大切です。

どんなに、優秀なシステムエンジニアでも

自分の意見を押し付け

聞く耳を持たなければ…

決して、満足して頂けないでしょう!

②システム・プログラムに対する知識

システムエンジニアは

実際にプログラミングをする事は

あまりありませんが…

プログラムコードを見て

どんな動きをするか?

また、イメージすることができなければ

システム全体を把握できません!

プログラマー同様もしくはそれ以上に

プログラミングの知識も必要です!

③論理的思考能力

システムエンジニアにおいては…

論理的に、なおかつシンプルに効率よく

という感覚や能力をもっている事が

よりよいシステム開発につながります。

同じものを作っても…

回りくどいものよりも、簡単なほうが

バグと言われる不具合もできにくく

解決もしやすくなります!

④マネジメントスキル

納期や工程の進捗状況などを管理する力

自己体調管理においても

同じ事が言えます!

作業や納品に遅れがでないよう

チームとシステム全体を

管理する能力と体力が必要です!

いかがでしょう?

システムエンジニアとプログラマー

どちらも、面白そうな仕事ですよね?

もしも、本気で目指すのであれば…

『自分は向いている?向いていない?』

と悩むよりも

チャレンジしてみることをお勧めします!

貪欲に知識を吸収し、必要な技術を学び

目の前の問題に挑んでみて下さい!

最後まで諦めず、投げ出さず

やり遂げる精神力があれば大丈夫!

システムエンジニア総動員!!プロフェッショナルの底力は凄かった!

私が、プログラマーの駆け出しだった頃

大きなトラブルに遭遇したことが

1度だけありました!

納期が迫っているというのに…

ほとんどのプログラムが未完成状態

『一体、どうしたらこうなるの?』

と思うほど酷い状態でした。

開発責任者のシステムエンジニアが

各担当プログラマーの進捗を

把握していなかった事が原因でした。

開発責任者とプログラマー間の

コミュニケーション不足が招いた事でした

問題が発覚し

関係各社のありとあらゆるエンジニアの

緊急招集依頼がありました。

そこに私も召集されたのですが…

後にも先にも

こんな事はこれ1回きりでした!

今思えば、このプロジェクトをまとめた

システムエンジニアは…

この業界で有名なスペシャリストだったと

後になって知りました!

本来であれば半年かけて行う業務を

1か月で作り上げたんです!

かなりの激務でした!

残業と徹夜が連日連夜。。

体育会系で体力に自信はありましたが

精神的にも体力的にも

かなり辛かった思い出があります!

でも、この業務に携わった事で

色々な分野の知識や技術を

学ぶことができました!

未経験だった分野も

その道のエキスパートと仕事をする事で

効率よく習得できたのです!

沢山のSEとプログラマーを総動員し

何とか事なきをえたのですが…

この時のメンバーの底力は

本当に素晴らしかったです。

まとめ

システムエンジニアになりたいと

夢を抱いている方!

文系だから…

数学が苦手だから…

と思っていませんか?

システムエンジニアは

絶えず勉強し、新しい事にチャレンジする

協調性があり

コミュニケーションを取ることが好きだ!

という人であれば大丈夫。

最後まで諦めずに、責任感を持って

やり遂げる気持ちがあれば

きっとなれる職業ですよ!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする