梅雨ってなあに?梅雨の意味を子供に分かりやすく説明したい!

スポンサードリンク
 





梅雨の時期に突入すると雨ばかりで
ジメジメして、嫌になっちゃいますよね。

洗濯物もなかなか乾かないし、

子供も外遊びができずに悶々…。

「どうして雨ばかり降るの?」

と、子供から質問され

「梅雨だから雨がたくさん降るんだよ!」

と答えていた私…。

しかし!!

「梅雨ってなあに!?」

「なんで梅雨になると雨がたくさんふるの!?」

「梅雨はなんで春・夏・秋・冬の中には入らないの?」

と、子供から

質問攻めにあってしまいました。

「なんでだろう…??」

と、私は言葉を詰まらせてしまいました。

“梅雨だから雨が降る”

という説明では、子供は納得しません。

子供が納得するように説明出来たら

子供はパパやママに対して

尊敬の眼差しになること

間違いなしでしょう!!

今日は、梅雨について

子供に分かりやすく説明できるように

一緒にお勉強しましょう!

梅雨のメカニズムや言葉の意味・由来をしっかり学ぼう!

梅雨について、まずは大人が

しっかりお勉強しましょう!

梅雨の語源

梅雨は「つゆ」「ばいう」と読みます。

梅雨の語源は諸説あります。

  • 梅の実が熟す頃に雨が降るので「梅」と「雨」の字を合わせて「梅雨」と言われるようになった。

  • もともとは「ばいう」と読んでいた。中国から伝わった言葉。

  • 梅の実が熟して潰れる頃に雨が降るので、“つぶれる”という意味で「潰ゆ(つゆ)」と言れるようになった。

  • ジメジメして湿気で黴(カビ)が生えやすい時期なので、「黴雨(ばいう)」と言われるようになった。

  • 草木や花などの植物に露(つゆ)がかかることから、「ばいう」から「つゆ」と発音するよう変わっていった。

気象庁の「梅雨」の定義

気象庁では、「梅雨」について

“春から夏にかけて移行する過程で

その前後の時期と比べて雨が多くなり

日照が少なくなる季節現象“

と説明しています。

つまり、梅雨とは、春と夏の間に

お天気の日が少なく

雨が多くなる季節ということです。

梅雨の時期

梅雨は主に6月から7月頃ですが

明確には決まっていません。

気象庁が

梅雨入り

梅雨明け

を発表します。

日本は東西南北に広く

各地域の梅雨の時期は大きくズレます。

ちなみに…

北海道と小笠原諸島には

梅雨の時期がありません。

梅雨前線が消滅してしまうため

梅雨がないのです。

梅雨が起こる仕組み

日本の南東の太平洋上空に

“小笠原気団” とよばれる

暖かい空気のかたまり “暖気団” ができます。

そして北海道の北の上空には

“オホーツク気団” とよばれる

冷たい空気のかたまり“寒気団”ができます。

この二つの気団が

日本の上空でぶつかり合うのです。

気団がぶつかり合った境目を

「前線」といいます。

どちらも同じくらいの強さで押し合うので

なかなか身動きが取れずに

日本の上空にとどまったままになります。

ずっと上空で留まっている前線のことを

“停滞前線”と呼びます。

梅雨の時期の停滞前線を

“梅雨前線” とも呼びます。

暖気団も寒気団も

お互い湿った気団です。

湿っている大きな気団が

二つもぶつかり合っているので

雲が大きく成長して雨が降りやすくなるのです。

二つの気団が同じ場所で停滞し

長い間雨が降る時期が「梅雨」なのです。

暖かい小笠原気団が

オホーツク気団を追いやると

梅雨が明けて暑い夏がやってきます。

梅雨の語源やメカニズムについて

分かりましたか?

梅雨についてよく分かったら

子供に内容を砕いて話してあげましょう!

梅雨について子供に分かりやすく説明してみよう!

梅雨の語源やメカニズムは分かったけれど

それを子供に分かりやすく砕いて話すには

どんな風に話せばよいのか

難しいと思っている

パパやママもいることでしょう。

子供への説明の仕方の例を

話し言葉でご紹介したいと思います。

「春・夏・秋・冬の季節があるけど、

この中に梅雨は入っていないね。

梅雨は“この日ですよ!”という

決まりがないんだ。

雨がたくさん降ってきたら

“今が梅雨ですね!”って決まるんだよ。

だから、4つの季節の中には

入らないんだよ。

「梅雨というのは、

春から夏になる間に

たくさん雨が降る日のことなんだ。

夏になる準備をしているんだよ!」

「なぜ梅雨はたくさん雨が降るのかと

言うと、空の上で、暖かい雲と

寒い雲が押し合いっこしているの。

どっちも力持ちで、

“どっちも負けないぞ!”

って押し合いっこしているから、

なかなか空の上から離れないの。

ずっと、おしくらまんじゅうしているの。

ながいながい戦いなの。

その、暖かい雲と冷たい雲に、

たくさん“雨のもと”があって、

雨を降らせる雲をたくさん作って

雨が降るんだよ」

「押し合いっこが長いから、

雨を降らせる雲が空の上にずーっと

あるから、雨がなかなかやまないんだ。」

「暖かい雲が最後に勝って、

冷たい空気が“さようなら~”って

遠くにいってしまうの。

すると、梅雨が終わって、

雨が降らなくなって

暑い夏がやってくるんだよ。」

「梅雨が始まったよ!終わったよ!と

決める人がいるんだよ。

お天気のことを良く知っている、

天気予報のプロが決めているんだよ。」

「梅雨は、“梅の雨”って書くんだよ。

梅が美味しくなる時期に

たくさん雨がふるから

梅雨っていわれるようになったんだよ。」

「梅雨がなぜやってくるのかというと、

空から大事なお水を雨として

たくさん降らせるためだよ。

雨がたくさん降らなかったら、

お水がなくなってしまって、

大好きなプールも入れなくなっちゃうね。

お花や木も元気がなくなっちゃうね。

野菜や果物、お米も

お水がないと育たないね。

お水はみんなの命のもとなんだよ。

梅雨にたくさん雨がふると、

人も植物もみんな喜ぶんだよ!」

「夏にたくさんお水を使うから、

梅雨の雨は夏の準備をするために

頑張って降ってくれているんだね!

公園で遊べないけど、梅雨の雨に

“ありがとう”って感謝しようね!」

子供に分かりやすく、

子供が分かるような言葉や例を出すと

きっと子供も納得しながら

話を聞いてくれるでしょう。

そして、梅雨のメカニズムだけでなく

雨が降ることを感謝したり

梅雨の季節ならではの楽しみを

見つけたりしてあげることも大切です。

ジメジメした時期を楽しく

乗り越えましょう!

まとめ

「梅雨ってなあに?」

「なんで、梅雨は雨がたくさん降るの?」

という子供の疑問に

スパッと答えられたら

「パパってすごーい!」

「ママは物知りだね!」

と、子供から尊敬の眼差しで

見られることでしょう!

子供の“なぜ?”は、大人がすぐに

答えられないこともたくさんあります。

けれど、その “なぜ” に

答えてあげるために

パパやママが一生懸命お勉強すると

親子の会話も深まり

お互いに色んなことを知るきっかけになります。

梅雨は外出もなかなかできず、

気持ちも悶々としがちですが、

親子で雨雲を見ながら、

「今、暖かい雲と冷たい雲が

おしくらまんじゅうしているのかな?」

などと、梅雨のお話を親子で楽しんでくださいね!

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする